試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年06月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041014745

深泥丘奇談

  • 著者 綾辻 行人
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年06月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041014745

『Another』の著者が贈る、無類の怪談小説集!

ミステリ作家の「私」が住む“もうひとつの京都”。その裏側に潜む秘密めいたものたち。古い病室の壁に、長びく雨の日に、送り火の夜に……魅惑的な数々の怪異が日常を侵蝕し、見慣れた風景を一変させる。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「深泥丘奇談」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 深泥丘でまどろむ一冊。深泥丘を舞台に紡がれる世にも奇談な物語。深夜二時、深泥丘病院、一人きりの病室、聴こえる妙な音。ちちち…。このシチュエーションからあれよと引き摺り込まれる。夢のようでいて、でも現実 深泥丘でまどろむ一冊。深泥丘を舞台に紡がれる世にも奇談な物語。深夜二時、深泥丘病院、一人きりの病室、聴こえる妙な音。ちちち…。このシチュエーションからあれよと引き摺り込まれる。夢のようでいて、でも現実っぽくて、そのぎりぎりの境界線を攻めてくる感じが好き。ウグイス色の眼帯、ウグイス色のフレーム眼鏡、石倉医師(一)、(二)、(三)だとか、もう誰が誰だかどうでも良いぐらい。何も考えず、何も追求せず、ただ奇談を楽しむ、それがまどろみを誘う。そのまどろみがいつしかどろどろの深い眠りへと変わる。ふぅ。たまらない体験。 …続きを読む
    ちょろこ
    2022年05月02日
    133人がナイス!しています
  • 私は眠るのが嫌になるほど悪夢を見る。その一つに大病院で迷子になるパターンがある。彷徨った挙げ句、病室の扉を次々に開けては、いけないものを見て恐怖におののくのである。それなのに闇の世界に自分の輪郭を半分 私は眠るのが嫌になるほど悪夢を見る。その一つに大病院で迷子になるパターンがある。彷徨った挙げ句、病室の扉を次々に開けては、いけないものを見て恐怖におののくのである。それなのに闇の世界に自分の輪郭を半分持っていかれるような不思議話に惹かれるので困る。今夜は読み友さんのご紹介で深泥丘病院の扉を開けてしまった。ちちち…。ミステリ作家が体験する奇妙な出来事、奇妙な医師、看護師、風土色が強い言い伝え。読んでいると怪異の間に落ち込んでいい感じに何度も眠くなる。石倉医師なら悪夢に効く薬を処方してくれる…ような気がした。 …続きを読む
    pino
    2022年05月05日
    115人がナイス!しています
  • いわゆる怪奇幻想小説。記憶ってとても曖昧で怖い物だと改めて感じた。今日のお昼に僕は”唐揚げ”を何個食べたのか?間食したチョコレートの数は?今、感想を書きながら飲んでいる”鬼レモン”は何本目か?カロリー いわゆる怪奇幻想小説。記憶ってとても曖昧で怖い物だと改めて感じた。今日のお昼に僕は”唐揚げ”を何個食べたのか?間食したチョコレートの数は?今、感想を書きながら飲んでいる”鬼レモン”は何本目か?カロリーもアルコールも実に怪奇で幻想的だ。つまり曖昧な記憶の産物というわけ。健康診断を受ける度に僕は上記の”言い訳”を医者に話すのだが、今年も聞いてもらえないだろう。今から非常に憂鬱である。 …続きを読む
    ちょこりり
    2020年04月14日
    111人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品