深泥丘奇談

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年06月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041014745

深泥丘奇談

  • 著者 綾辻 行人
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年06月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041014745

『Another』の著者が贈る、無類の怪談小説集!

ミステリ作家の「私」が住む“もうひとつの京都”。その裏側に潜む秘密めいたものたち。古い病室の壁に、長びく雨の日に、送り火の夜に……魅惑的な数々の怪異が日常を侵蝕し、見慣れた風景を一変させる。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「深泥丘奇談」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ホラーというよりは怪奇小説といった趣の連作短編集。いやむしろ「この路地を抜ければそこには深泥丘病院が・・・」といったナレーションが聞こえる綾辻版トワイライトゾーンか。『よくできました』。主人公の作家が ホラーというよりは怪奇小説といった趣の連作短編集。いやむしろ「この路地を抜ければそこには深泥丘病院が・・・」といったナレーションが聞こえる綾辻版トワイライトゾーンか。『よくできました』。主人公の作家が遭遇する未知の怪異はその姿や正体が明らかにされることはなく、だが主人公以外はその怪異をあたりまえのことのように語る。まるで肝心なところで目を覚ましてしまう居心地の悪い夢のように、物語は茫獏として実態を掴ませてくれないもどかしさがよい味といえる。九篇のうち『悪霊憑き』のみ中途半端にミステリ方向なのはちょっと残念 …続きを読む
    おかむー
    2014年07月24日
    93人がナイス!しています
  • むむ。全然スッキリしなかった。それが狙いなのか?続編に誘導するための。 むむ。全然スッキリしなかった。それが狙いなのか?続編に誘導するための。
    takaC
    2014年09月25日
    74人がナイス!しています
  • こやつらは夫婦そろって怪異が好きなんだなというのが所感。今まで奥さんの方のホラーはたくさん読んで来たが旦那の方は本格ミステリしか読んでなかったので新鮮だったしゾクリとさせられる部分がそこかしこにあった こやつらは夫婦そろって怪異が好きなんだなというのが所感。今まで奥さんの方のホラーはたくさん読んで来たが旦那の方は本格ミステリしか読んでなかったので新鮮だったしゾクリとさせられる部分がそこかしこにあった。けどね、きっとね、最後にはね、あっと驚く種明かしが待ってるものと信じきっていた自分をぶん殴りたい。結局闇の中で何か怖いものを見たような、気のせいだったような奥歯に物が挟まったようなスッキリしない感のまま終わってしまった。それこそが狙いだとは分かっても、自分としてはあまり好きではないんだなぁ、どうしても。 …続きを読む
    nabe
    2015年05月05日
    67人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品