深泥丘奇談・続々

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年08月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041084021

深泥丘奇談・続々

  • 著者 綾辻 行人
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年08月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041084021

前代未聞の奇談の数々! 著者新境地の怪談集、待望の第三集にして完結編。

ありうべからざるもう一つの京都に住まうミステリ作家が遭遇する怪異の数々。濃霧の夜道で、祭礼に賑わう神社で、深夜のホテルのプールで。驚愕と忘却を繰り返し、ついに世界は目眩めく終焉を迎える――!?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「深泥丘奇談・続々」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 今回は背筋が寒くなる怖さはあまり感じませんでしたが、著者の自虐的ネタにはニヤリ。お気に入りは最後の2作品。『猫密室』は、周囲を何百匹、何千匹の猫でびっしりと埋め尽くされた家で死体が発見されるというミス 今回は背筋が寒くなる怖さはあまり感じませんでしたが、著者の自虐的ネタにはニヤリ。お気に入りは最後の2作品。『猫密室』は、周囲を何百匹、何千匹の猫でびっしりと埋め尽くされた家で死体が発見されるというミステリのプロットを思いついたという作品ですが、是非綾辻氏に書いてほしいと思いました。「その猫たちにはまったく人に踏まれた形跡がなかった」なんて笑えるけれどもワクワクする謎です。最後の『ねこしずめ』に出てくる「猫柱」という怪現象を自分が目の当たりにしたことを想像すると、その異様さと壮大さに圧倒されることでしょう。 …続きを読む
    マーム
    2019年10月24日
    89人がナイス!しています
  • 安定の異京都怪奇連作短編集第三弾…ってこの巻で一区切りですと。なんとなくいつまでも続くものだと思ってたし、最終話もそれほど終わり感はなく、忘れた頃にどっかの雑誌で読みきり短編とか載ってても不思議なさそ 安定の異京都怪奇連作短編集第三弾…ってこの巻で一区切りですと。なんとなくいつまでも続くものだと思ってたし、最終話もそれほど終わり感はなく、忘れた頃にどっかの雑誌で読みきり短編とか載ってても不思議なさそうですね。『よくできました』。今回、読み終えて残るのはなんといっても猫(笑)。コメディなのか怪奇なのかわからないところがツボな『猫密室』と、最終話『ねこしずめ』のくるくるまわる夢で見た“猫柱”とクライマックスの壮大な“猫柱”の対比の見事さよ。『死後の夢』のナナメな死後の意味もクスリと楽しい。 …続きを読む
    おかむー
    2019年09月18日
    65人がナイス!しています
  • 前作までをかなり以前に読んでいるので、記憶もうろ覚えなんですが、奥さんの名前やそっくりさんな医者たちは覚えているなぁ。そして全文に漂う〝揺らぎ〟。不安定な、まるで眩暈のような既視感。意図的に『夢十夜』 前作までをかなり以前に読んでいるので、記憶もうろ覚えなんですが、奥さんの名前やそっくりさんな医者たちは覚えているなぁ。そして全文に漂う〝揺らぎ〟。不安定な、まるで眩暈のような既視感。意図的に『夢十夜』をインプレッションしてくる空気が・・・心地好くも懐かしいような・・・。馬鹿馬鹿しいくらいシュールな物語や猫絡みのお話が多かったけれど、幻想譚には猫がよく似合います。筆者が語る最後の物語『ねこしずめ』のモデル、クライブ・バーカーの『丘に町が』かな? …続きを読む
    眠る山猫屋
    2019年09月29日
    53人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品