深泥丘奇談 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2014年12月22日
商品形態:
電子書籍

深泥丘奇談

  • 著者 綾辻 行人
発売日:
2014年12月22日
商品形態:
電子書籍

『Another』の著者が贈る、無類の怪談小説集!

ミステリ作家の「私」が住む“もうひとつの京都”。その裏側に潜む秘密めいたものたち。古い病室の壁に、長びく雨の日に、送り火の夜に……魅惑的な数々の怪異が日常を侵蝕し、見慣れた風景を一変させる。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「深泥丘奇談」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ホラーというよりは怪奇小説といった趣の連作短編集。いやむしろ「この路地を抜ければそこには深泥丘病院が・・・」といったナレーションが聞こえる綾辻版トワイライトゾーンか。『よくできました』。主人公の作家が ホラーというよりは怪奇小説といった趣の連作短編集。いやむしろ「この路地を抜ければそこには深泥丘病院が・・・」といったナレーションが聞こえる綾辻版トワイライトゾーンか。『よくできました』。主人公の作家が遭遇する未知の怪異はその姿や正体が明らかにされることはなく、だが主人公以外はその怪異をあたりまえのことのように語る。まるで肝心なところで目を覚ましてしまう居心地の悪い夢のように、物語は茫獏として実態を掴ませてくれないもどかしさがよい味といえる。九篇のうち『悪霊憑き』のみ中途半端にミステリ方向なのはちょっと残念 …続きを読む
    おかむー
    2014年07月24日
    93人がナイス!しています
  • むむ。全然スッキリしなかった。それが狙いなのか?続編に誘導するための。 むむ。全然スッキリしなかった。それが狙いなのか?続編に誘導するための。
    takaC
    2014年09月25日
    74人がナイス!しています
  • 綾辻行人さん原作、森見登美彦さんの解説という豪華なホラー小説です。『奇談』という言葉通り、何か奇妙な雰囲気を醸し出している独特の世界でした。お化けの怖さというより、得体のしれない何かが自分の周りを取り 綾辻行人さん原作、森見登美彦さんの解説という豪華なホラー小説です。『奇談』という言葉通り、何か奇妙な雰囲気を醸し出している独特の世界でした。お化けの怖さというより、得体のしれない何かが自分の周りを取り巻いているという印象です。妻も、罹りつけの医師や看護師も、不可思議な世界を納得できているのに、自分だけが分かっていないという不条理な世界…。気が付くとこの世界のシステムにどっぷりと浸かりすぎてしまっているような気持ちになり、ホラー映画を観た後のような気持ち悪い読後感を生み出しています。 …続きを読む
    ゆかーん
    2017年05月16日
    67人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品