タイド

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年09月05日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
344
ISBN:
9784041105191

タイド

  • 著者 鈴木 光司
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年09月05日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
344
ISBN:
9784041105191

『エス』に続く、「リング」シリーズ最新作が登場!

親友の異変、瞬時に形を変える土偶、鳥からの謎のメッセージ。そして、大島の火口に身を投げた貞子の母・志津子の秘密。予備校講師の柏田は――古代から続く「リング」の謎に吸い寄せられてゆくが!?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「タイド」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 高山竜二と高野舞の系譜がマトリックス!貞ちゃんのDNAが増殖しすぎで大混乱祭になりつつの、魂で辿る貞子・原点の旅。貞子の母・山村静子をめぐる姉と弟の始まりの物語には、深い深い貞子の絶望と苦しみの根源が 高山竜二と高野舞の系譜がマトリックス!貞ちゃんのDNAが増殖しすぎで大混乱祭になりつつの、魂で辿る貞子・原点の旅。貞子の母・山村静子をめぐる姉と弟の始まりの物語には、深い深い貞子の絶望と苦しみの根源が。暗く出口のない井戸のような魂の牢獄の中で見る死と再生の繰り返しは、まさに地獄のよう。でも、貞子の苦しみや哀しみの本質は、あまり理路整然と詳らかにすると不粋に感じてしまって、今作は少し残念な想いが。次作は是非、SF路線より貞子恩讐路線に回帰してほしい。 …続きを読む
    吉田あや
    2018年08月10日
    59人がナイス!しています
  • リングシリーズ最新作なのだけれど、もはや二次創作レベルの後付けこじつけだらけ。やはり初期三部作とその外伝まででやめておくべきだったね。『もっとがんばりましょう』。時系列としては『ループ』と『エス』の間 リングシリーズ最新作なのだけれど、もはや二次創作レベルの後付けこじつけだらけ。やはり初期三部作とその外伝まででやめておくべきだったね。『もっとがんばりましょう』。時系列としては『ループ』と『エス』の間に位置することになる本作だが、あらかじめルートの決まっているのが見え見えのゲームをプレイしているかのように、唐突で飛躍した推論や思いつきがそのまま物語の正解となってしまって読者としては置いてきぼり感がハンパない。シリーズを象徴する存在である貞子も余計な後付けばかりでその恨みも矮小化してしまってモヤモヤ。 …続きを読む
    おかむー
    2015年08月12日
    55人がナイス!しています
  • 手に取るまでは「リング」シリーズとは知らなかったのですが、調べたところでは、シリーズの5作目ということです。4作目の「エス」を除き順番どおりに読んだことになります。初期の、このシリーズ以外のものでも面 手に取るまでは「リング」シリーズとは知らなかったのですが、調べたところでは、シリーズの5作目ということです。4作目の「エス」を除き順番どおりに読んだことになります。初期の、このシリーズ以外のものでも面白い作品が多くて評価している作家ではありますが、今回のは、それほど楽しめたということでも無かったです。ストーリーがぎくしゃくと不自然というか分かりにくくて集中できませんでした。ただし、扱っているテーマはさすがに非常に良いと思いました。 …続きを読む
    Our Homeisland
    2015年01月23日
    27人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品