試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年06月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041008492

高野聖

  • 著者 泉 鏡花
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年06月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041008492

幻想文学の名作が、文字の読みやすい改版で登場!

飛騨から信州へと向かう僧が、危険な旧道を経てようやくたどり着いた山中の一軒家。家の婦人に一夜の宿を請うが、彼女には恐ろしい秘密が。耽美な魅力に溢れる表題作など5編を収録。文字が読みやすい改版。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「高野聖」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読み始めて何度か挫折。NHK J文学で英語で紹介があり最後まで読んでみる気に。発見角川の指定も。集英社文庫、新潮文庫の解説も拝読。尾崎紅葉の弟子とのこと。時代背景の理解と、当時の文学の状況について無知 読み始めて何度か挫折。NHK J文学で英語で紹介があり最後まで読んでみる気に。発見角川の指定も。集英社文庫、新潮文庫の解説も拝読。尾崎紅葉の弟子とのこと。時代背景の理解と、当時の文学の状況について無知であることに気がつく。前後の時代の作品を読んだら、また戻ってこよう。解説:村松定孝 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2013年10月08日
    134人がナイス!しています
  • 【書物で世界を旅する】泉鏡花を読むのは実は初めて。『高野聖』文語調で馴染みのない語句にやや戸惑うも、口にしつつ読むと、リズムの良さで滑らかに読めるように。草木が繁茂する山道を行く若い僧。蛭の大群に襲わ 【書物で世界を旅する】泉鏡花を読むのは実は初めて。『高野聖』文語調で馴染みのない語句にやや戸惑うも、口にしつつ読むと、リズムの良さで滑らかに読めるように。草木が繁茂する山道を行く若い僧。蛭の大群に襲われ命からがら逃れた先に現れた一軒家。妖艶な美女と、躙り寄る生きものたち…古典的な奇譚だが、文語調の美しくも妖しい表現が相まり、独特な世界観が創られている。物語の筋に理を求めるより、現実世界から飛躍したような場面の表現に瞠目。同書に収蔵の『眉かくしの霊』も、視点が浮遊して鏡のように反転した場面に戦慄が走る。 …続きを読む
    フーシェ
    2019年07月06日
    76人がナイス!しています
  • 耽美極まる作品でした。文語で書かれているが故に美しさが感じられるのでしょう。綺麗な言葉とリズム感の良さ。怖さと美しさの混同した世界観が好みです。幻想的な空気感に浸る感覚がいいですね。 耽美極まる作品でした。文語で書かれているが故に美しさが感じられるのでしょう。綺麗な言葉とリズム感の良さ。怖さと美しさの混同した世界観が好みです。幻想的な空気感に浸る感覚がいいですね。
    優希
    2019年08月17日
    69人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品