高野聖

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年06月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041008492

高野聖

  • 著者 泉 鏡花
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年06月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041008492

幻想文学の名作が、文字の読みやすい改版で登場!

飛騨から信州へと向かう僧が、危険な旧道を経てようやくたどり着いた山中の一軒家。家の婦人に一夜の宿を請うが、彼女には恐ろしい秘密が。耽美な魅力に溢れる表題作など5編を収録。文字が読みやすい改版。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「高野聖」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 迷い家はおんなの箱庭、好きなだけ男をあつめましょ今日はだれと遊ぼうか、わらう口吻はぬらりと光る つめたくなっても紅を塗りたいおんなは美しさに固執して 谷川にひやりと清なる水浴びて、澄んだ声音がうたをう 迷い家はおんなの箱庭、好きなだけ男をあつめましょ今日はだれと遊ぼうか、わらう口吻はぬらりと光る つめたくなっても紅を塗りたいおんなは美しさに固執して 谷川にひやりと清なる水浴びて、澄んだ声音がうたをうたうとき獣に変えられてももとの世にもどれなくとも、きっとしあわせだろうなどと白昼夢 蛭がひとを溶かしたディストピア、その先に光るしろいおんなの肌は天女のいろをしてた 囚われたい支配されたいただ崇めるだけの怠惰なる日々よこんにちは、わたしはそれでも人に戻ってしまいましたさようなら、 …続きを読む
    ちなぽむ
    2020年07月15日
    153人がナイス!しています
  • 読み始めて何度か挫折。NHK J文学で英語で紹介があり最後まで読んでみる気に。発見角川の指定も。集英社文庫、新潮文庫の解説も拝読。尾崎紅葉の弟子とのこと。時代背景の理解と、当時の文学の状況について無知 読み始めて何度か挫折。NHK J文学で英語で紹介があり最後まで読んでみる気に。発見角川の指定も。集英社文庫、新潮文庫の解説も拝読。尾崎紅葉の弟子とのこと。時代背景の理解と、当時の文学の状況について無知であることに気がつく。前後の時代の作品を読んだら、また戻ってこよう。解説:村松定孝 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2013年10月08日
    136人がナイス!しています
  • 泉鏡花を初めて読んだのは高校生の時。卒業してからも幾つか読んでましたが今回久々に読んで改めて鏡花が描き出す彼岸の夢幻世界がとても美しく感じました。「義血俠血」は初めて読みましたが、まるで歌舞伎の演目の 泉鏡花を初めて読んだのは高校生の時。卒業してからも幾つか読んでましたが今回久々に読んで改めて鏡花が描き出す彼岸の夢幻世界がとても美しく感じました。「義血俠血」は初めて読みましたが、まるで歌舞伎の演目のようで面白かったです。私が初めて鏡花文学に触れた「外科室」も懐かしく読みました。妖しく凄いような美人が登場する「高野聖」と「眉かくしの霊」は鏡花文学の真骨頂。鏡花の文章はすらすらとは読めないけれど、慣れるとこの文体がクセになること請け合い。耽美で此岸と彼岸の合間のような鏡花世界にずっと揺蕩っていたくなります。 …続きを読む
    蓮子
    2019年09月02日
    93人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品