試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041007129

南の子供が夜いくところ

  • 著者 恒川 光太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041007129

不穏な奇想がはじけ飛ぶ恒川ワールドの真骨頂

島に一本しかない紫焔樹。森の奥の聖域に入ることを許されたユナは、かつて〈果樹の巫女〉と呼ばれた少女だった……呪術的な南洋の島の世界を、自由な語りで高らかに飛翔する、新たな神話的物語の誕生!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「南の子供が夜いくところ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 恒川さん4冊目。今回は以前読んだパラレルワールド系ではなく、島が舞台のファンタジーで、呪術師・ユナが少しずつ絡んだ関連性のある短編集。夢ある話やゾッとする話など、バラエティに富んだ食材に恒川さんの腕と 恒川さん4冊目。今回は以前読んだパラレルワールド系ではなく、島が舞台のファンタジーで、呪術師・ユナが少しずつ絡んだ関連性のある短編集。夢ある話やゾッとする話など、バラエティに富んだ食材に恒川さんの腕とスパイスが程好く効いて、美味しいエスニック料理を食べた感じ。残念ながら『夜市』のような衝撃はなかったが、類まれなるストーリーテリングは健在で、質の高い「大人の童話」を読んだ気分。特に神話のような『紫焔樹の島』と『雲の眠る海』、怪談のような『蛸漁師』と『夜の果樹園』は好みだった。異世界へ行きたい人にオススメ。 …続きを読む
    しんたろー
    2017年10月26日
    202人がナイス!しています
  • 些少ホラー・大盛ファンタジー短編集です。 恒川さんはやっぱり日本の晩秋の夕闇の物語がぴったり来ますね。 なんか舞台が南国だけにハメハメハ大王のメロディーがリフレインして今ひとつ気分が乗りませんでした。 些少ホラー・大盛ファンタジー短編集です。 恒川さんはやっぱり日本の晩秋の夕闇の物語がぴったり来ますね。 なんか舞台が南国だけにハメハメハ大王のメロディーがリフレインして今ひとつ気分が乗りませんでした。<(^_^;  「夜の果樹園」は、恒川さん得意の「怪しい人ならぬもの」と言うよりは完全に「ゾンビ」でした。残念!(笑) …続きを読む
    射手座の天使あきちゃん
    2018年09月21日
    199人がナイス!しています
  • 一家心中を図っていた夫婦と子のタカシ。彼等はユナと名乗る呪術師と出会い、異国の島でそれぞれが別れて暮らし始める。島では時空を超えて、様々な出来事が起こる。恒川恒太郎さんの作品なので、着想や展開に驚かさ 一家心中を図っていた夫婦と子のタカシ。彼等はユナと名乗る呪術師と出会い、異国の島でそれぞれが別れて暮らし始める。島では時空を超えて、様々な出来事が起こる。恒川恒太郎さんの作品なので、着想や展開に驚かされ安定感のある作品となっている。特に終章は印象的だった。ただ各章ごとの繋がりが薄く、特にメッセージ性が希薄となり何を伝えたかったのが私には理解できていなかった。勿論、作品としては面白いのだが、恒川恒太郎さんの作品として期待値が上がってしまうので、やや物足りない読後感ではある。辛口の感想だが楽しめる作品です。 …続きを読む
    yoshida
    2019年02月23日
    171人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品