ダブル・ジョーカー 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2015年12月18日
商品形態:
電子書籍

ダブル・ジョーカー

  • 著者 柳 広司
発売日:
2015年12月18日
商品形態:
電子書籍

「ジョーカー・ゲーム」に続く、最高&最強のスパイ・ミステリー!

結城率いる異能のスパイ組織”D機関”に対抗組織が。その名も風機関。同じ組織にスペアはいらない。狩るか、狩られるか。「躊躇なく殺せ、潔く死ね」を叩き込まれた風機関がD機関を追い落としにかかるが……。

※なお、本電子書籍は、紙書籍『ダブル・ジョーカー』(単行本)をもとにしたものです。紙書籍『ダブル・ジョーカー』(角川文庫)には、掌編「眠る男」が特別収録されています。

メディアミックス情報

NEWS

「ダブル・ジョーカー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 単行本で読んでるけど文庫で特別収録の「眠る男」を読みたかったので。ふむ、なるほど。ジョーカー・ゲームの方の収録のあの話のアレか。つーてもこれ一本読むために文庫版まで買わざるをえないのもどうよ? 単行本で読んでるけど文庫で特別収録の「眠る男」を読みたかったので。ふむ、なるほど。ジョーカー・ゲームの方の収録のあの話のアレか。つーてもこれ一本読むために文庫版まで買わざるをえないのもどうよ?
    海猫
    2015年08月11日
    592人がナイス!しています
  • 前作が圧巻過ぎだったため今回は大丈夫かなと思っていたのですが、”魔王”結城中佐の過去が少しずつ明らかにされていく編があったので楽しめました。結城中佐がD機関を設立するに至ったきっかけの物語が知りたくな 前作が圧巻過ぎだったため今回は大丈夫かなと思っていたのですが、”魔王”結城中佐の過去が少しずつ明らかにされていく編があったので楽しめました。結城中佐がD機関を設立するに至ったきっかけの物語が知りたくなります。いつか明らかにされるのかな? …続きを読む
    ehirano1
    2016年02月16日
    389人がナイス!しています
  • 前作「ジョーカーゲーム」に続くこの作品、相変わらずスリリングで知的なスパイアクションもので、一気に読者を引き込んでしまう。全6編の短編集なのがもったいない。トム・クランシーの作品のように、長編、少なく 前作「ジョーカーゲーム」に続くこの作品、相変わらずスリリングで知的なスパイアクションもので、一気に読者を引き込んでしまう。全6編の短編集なのがもったいない。トム・クランシーの作品のように、長編、少なくとも中編の方が良いのに。でも、相変わらず結城中佐の頭の切れやD機関の凄さは健在。軍隊内の主導権争いや海外諜報機関との駆け引きも加わり、話にグッと厚みが出てきた。「偶然による危機」というハラハラする場面もあり、一時はどうなることかと思ったけれど、特別収録「眠る男」も含め、これは次作パラダイス・ロストへの布石か。 …続きを読む
    kishikan
    2015年05月07日
    343人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品