クドリャフカの順番

クドリャフカの順番 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2012年10月01日
商品形態:
電子書籍

クドリャフカの順番

  • 著者 米澤 穂信
発売日:
2012年10月01日
商品形態:
電子書籍

文化祭で起きた連続盗難事件の謎を解け! <古典部>シリーズ第3弾!

待望の文化祭が始まった。だが折木奉太郎が所属する古典部で大問題が発生。手違いで文集「氷菓」を作りすぎたのだ。部員が頭を抱えるそのとき、学内では奇妙な連続盗難事件が起きていた。盗まれたものは碁石、タロットカード、水鉄砲――。この事件を解決して古典部の知名度を上げよう! 目指すは文集の完売だ!! 盛り上がる仲間たちに後押しされて、奉太郎は事件の謎に挑むはめに……。大人気〈古典部〉シリーズ第3弾! ※本電子書籍は通常版です。発売が終了した限定版とは書影画像が異なりますが、内容は同じものです。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「クドリャフカの順番」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 再読。文集「氷菓」を売るだけの話しか覚えていなかったが、もちろん謎解きありでした。前2作と文体がかなり変わって、さらに読みやすくなった。文化祭という祝祭ムードのため、全体がポップで華やいだ雰囲気に包ま 再読。文集「氷菓」を売るだけの話しか覚えていなかったが、もちろん謎解きありでした。前2作と文体がかなり変わって、さらに読みやすくなった。文化祭という祝祭ムードのため、全体がポップで華やいだ雰囲気に包まれるが、そこに起こる謎。と、こういうパターンを考えるのは難しいのだろうけど、古典部あげての文化祭モードに、彼らが青春を謳歌していると感じる読者は多いだろう。3作目で、ついにこのシリーズも跳躍したのだなあ。と、つくづく思う。 …続きを読む
    へくとぱすかる
    2014年09月02日
    874人がナイス!しています
  • 古典部第3弾。とうとうやって参りました、カンヤ祭!さすが文化系部活動がウリだけあって、参加団体が51も。いいね、いいね、盛り上がりそう!そんなお祭ムードの中、巻き起こる十文字事件vs古典部。本作では、 古典部第3弾。とうとうやって参りました、カンヤ祭!さすが文化系部活動がウリだけあって、参加団体が51も。いいね、いいね、盛り上がりそう!そんなお祭ムードの中、巻き起こる十文字事件vs古典部。本作では、古典部4人それぞれにスポットライトが当たり、よりキャラが鮮明になった印象。高校時代って痛くて苦い。才能の有無、嫉妬、羨望、諦念、そして他者への期待。当時の心象と重なって胸がチクリ。謎解きの才能0なので、そこは早々に古典部にお任せ。きっとこれが「期待」。皆さん、相変わらずお見事!ホータロー姉もお見事! …続きを読む
    めろんラブ 
    2010年11月05日
    755人がナイス!しています
  • コアなミステリファンにはクリスティへの崇敬を、そうでもない読者にはわらしべ長者的御都合主義を、この本はそんな楽しみを与えてくれる。『氷菓』、『愚者のエンドロール』、そして本書と巻を重ねるごとにおもしろ コアなミステリファンにはクリスティへの崇敬を、そうでもない読者にはわらしべ長者的御都合主義を、この本はそんな楽しみを与えてくれる。『氷菓』、『愚者のエンドロール』、そして本書と巻を重ねるごとにおもしろみを増している。本書で瞠目するのは摩耶花と河内先輩との「漫研での評論は無意味なのか?」論争、そして入須先輩の「頼み事の極意」だ。どちらも読んでいて脳が活性化するのがわかる。脳がその栄養分たる知性に触れてよろこんでいるのだ。頭の良い人が展開する論理は読んでいて心地よい。これぞミステリの醍醐味。 …続きを読む
    佐々陽太朗(K.Tsubota)
    2012年07月14日
    664人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品