あちん

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年05月16日
商品形態:
単行本
ISBN:
9784840123228

あちん

  • 著者 雀野 日名子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年05月16日
商品形態:
単行本
ISBN:
9784840123228


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「あちん」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 初読み作家さん。地元県庁の「みらい街づくり室」で働く奈津美。日常生活を淡々と送りながら次々と起こる因縁のホラー現象。ゾワゾワと怖いけれど、背景や周りの人々の係わりが切なくて胸が熱くなった。好みの作品。 初読み作家さん。地元県庁の「みらい街づくり室」で働く奈津美。日常生活を淡々と送りながら次々と起こる因縁のホラー現象。ゾワゾワと怖いけれど、背景や周りの人々の係わりが切なくて胸が熱くなった。好みの作品。 …続きを読む
    らむちん
    2017年09月29日
    42人がナイス!しています
  • ぅあー、やめてー、こわいーを繰り返しながら読んでたので、そんな姿を見た子供達もビビってました。なんといっても舞台となるお堀周辺や東尋坊を知っているので余計に迫る恐怖感。方言も最高おどろおどろしく演出し ぅあー、やめてー、こわいーを繰り返しながら読んでたので、そんな姿を見た子供達もビビってました。なんといっても舞台となるお堀周辺や東尋坊を知っているので余計に迫る恐怖感。方言も最高おどろおどろしく演出してるなぁ。ぼっけえきょうてえも方言が効果的やったし、ホラーは地方優勢かも。 …続きを読む
    スノーマン
    2013年11月18日
    19人がナイス!しています
  • ふうっ、恐かった~、この作者の土着的な禍々しさ!小さい頃後ろ暗さと共に囁いた身近な怪談、隣の噂、あの感じを思い出しました。主人公を包み込む怪異、よく持ちこたえているもんだと感心していたら…うわ~ヤダヤ ふうっ、恐かった~、この作者の土着的な禍々しさ!小さい頃後ろ暗さと共に囁いた身近な怪談、隣の噂、あの感じを思い出しました。主人公を包み込む怪異、よく持ちこたえているもんだと感心していたら…うわ~ヤダヤダ!でも最後は涙してしまいました。 …続きを読む
    リッツ
    2013年12月10日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品