チャリオ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784043924028

チャリオ

  • 著者 雀野 日名子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784043924028

ある家族に次々に訪れる不幸。その影にはいつも1台の亡霊自転車が……。

光一のアパートの部屋の前が泥だらけになり、 10年前に行方不明になった男児の自転車のエンブレムが見つかる。隠してきた秘密が、光一を苦しめ始める――。亡霊自転車の怨念と、過去にとらわれる人々の苦悩!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「チャリオ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 両親のどちらかが家庭内の問題と向き合っていれば、こんなことにはならなかったんだろうと思う。これをきっかけに少しずつでいいからやり直ししていってほしい。 両親のどちらかが家庭内の問題と向き合っていれば、こんなことにはならなかったんだろうと思う。これをきっかけに少しずつでいいからやり直ししていってほしい。
    じゅんぢ
    2018年04月05日
    28人がナイス!しています
  • 自転車という無機質な物体が巻き起こすミステリーホラー。テーマがテーマだけに1歩間違えば失笑と共に駄作本へのランクインかと思われたが案外最後までしっくり読み切れた。不器用な人間達で形成された不器用な家族 自転車という無機質な物体が巻き起こすミステリーホラー。テーマがテーマだけに1歩間違えば失笑と共に駄作本へのランクインかと思われたが案外最後までしっくり読み切れた。不器用な人間達で形成された不器用な家族の破滅がストーリーの流れとしてあるのだが、同時に時折文面に差し込まれる地元のドブ川の情景描写が絶妙な演出を醸し出している。怖い話か?と言うと怖くはない。寧ろ登場人物達の歪んだ心情に哀しささえ感じる。オチは光が射す展開だが、人によってはガッカリするパターンかもしれない。僕はOKでしたけど。☆2.5 …続きを読む
    アメマ
    2016年06月13日
    24人がナイス!しています
  • 久々のホラーに背筋がゾワゾワ。第一章だけで完結しているのに…と思ったら、次々と少年の家族のもとへ…。誰からも理想の家庭と思われていた少年の家庭が実は…。ただのホラーに終わらず、泣かせるホラー、この分野 久々のホラーに背筋がゾワゾワ。第一章だけで完結しているのに…と思ったら、次々と少年の家族のもとへ…。誰からも理想の家庭と思われていた少年の家庭が実は…。ただのホラーに終わらず、泣かせるホラー、この分野を確立させてほしいと感じる期待の新人作家さん。映像化はあまり好きではないのですが、この作品は観てみたい。自転車の特撮と、あの『音』が巧く伝われば映像化も面白いと感じました。 …続きを読む
    nyanco
    2009年10月29日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品