この本が、世界に存在することに

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年05月13日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ISBN:
9784840112598

この本が、世界に存在することに

  • 著者 角田 光代
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年05月13日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ISBN:
9784840112598


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「この本が、世界に存在することに」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ‘本’と‘書店’にまつわる小説(ミステリーも含む)・エッセイが大好きだ。読メで角田さんのこの短編集を知り、図書館で直ちに予約した。以前、角田さんが旅行中のタイでマラリアにかかるなど、若いころのチープな ‘本’と‘書店’にまつわる小説(ミステリーも含む)・エッセイが大好きだ。読メで角田さんのこの短編集を知り、図書館で直ちに予約した。以前、角田さんが旅行中のタイでマラリアにかかるなど、若いころのチープな海外旅行のエッセイを読んだことがあったので、『旅する本』と『だれか』は、小説というより角田さんが経験した実話のように感じた。また、短編の名手角田さんの短編はそれぞれ面白かったけれども、特に『ミツザワ書店』と『さがしもの』は、人と本のかかわりの強さを感じることができて、特に印象に残った。 …続きを読む
    hiro
    2014年04月04日
    118人がナイス!しています
  • 読み初めて気が付いた、以前読んだ文庫本「さがしもの」と同一内容であった、それでも読んでみると物語に引き込まれた、なぜか新鮮、のめりこむことができる、「不幸の種」「ミツザワ書店」「さがしもの」いずれも秀 読み初めて気が付いた、以前読んだ文庫本「さがしもの」と同一内容であった、それでも読んでみると物語に引き込まれた、なぜか新鮮、のめりこむことができる、「不幸の種」「ミツザワ書店」「さがしもの」いずれも秀逸な作品である、短編作品の素晴らしさを改めて実感できた。 …続きを読む
    団塊シニア
    2013年12月20日
    96人がナイス!しています
  • 図書館**読者・ミーツ・ブックスな素敵物語**第132回直木賞受賞作家角田光代が、本への愛情をこめて描く新境地!泣きたくなるほどいとおしい、ふつうの人々の“本をめぐる物語”が、あなたをやさしく包みます 図書館**読者・ミーツ・ブックスな素敵物語**第132回直木賞受賞作家角田光代が、本への愛情をこめて描く新境地!泣きたくなるほどいとおしい、ふつうの人々の“本をめぐる物語”が、あなたをやさしく包みます。心にしみいる九つの短編を収録(紹介文・他より)――これは素晴らしい!本当に素敵で、なにからなにまで愛おしい!対人関係を考えさせられる本は数あれど、本との付き合い方を真剣に考えさせられる稀な傑作でした!もう素敵すぎて言葉に表せない。さて、、、私も\この本\を本屋に迎えに行こう!! …続きを読む
    いいほんさがそ@徐々に再起動中(笑)
    2013年07月21日
    87人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品