角川文庫

幾千の夜、昨日の月

記憶の中に灯る忘れがたいひとときを浮かび上がらせる名エッセイ!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
176
ISBN:
9784041023860
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

幾千の夜、昨日の月

記憶の中に灯る忘れがたいひとときを浮かび上がらせる名エッセイ!

  • 著者 角田 光代
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
176
ISBN:
9784041023860

記憶の中に灯る忘れがたいひとときを浮かび上がらせる名エッセイ!

友と語り明かした林間学校、初めて足を踏み入れた異国の日暮れ、終電後恋人にひと目逢おうと飛ばすタクシー、消灯後の母の病室…夜は私に思い出させる。自分が何も持っていなくてひとりぼっちであることを。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「幾千の夜、昨日の月」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 角田光代さんの、夜と旅を中心としたエッセイ。読みやすい文体で、すいすいと読了できます。始めて徹夜をした夜、引っ越しの夜、魂が旅する夜等、印象深い内容が詰まっています。私が始めて徹夜をしたのは、大学時代 角田光代さんの、夜と旅を中心としたエッセイ。読みやすい文体で、すいすいと読了できます。始めて徹夜をした夜、引っ越しの夜、魂が旅する夜等、印象深い内容が詰まっています。私が始めて徹夜をしたのは、大学時代に友人のアパートで飲んだ時かな。大学時代に最後に友人や後輩と家で飲んで話して、他愛もない事で笑い、別れた朝の空の色をいまだに覚えている。引っ越しは職業柄、多いので昨夜と全く違う街に居る自分にそわそわする。魂が旅する話しは角田さんの死生観が垣間見れて印象深い。私自身の経験からも頷けるエッセイ。出会えて良かった。 …続きを読む
    yoshida
    2016年09月10日
    171人がナイス!しています
  • 角田さんの敏感な触角に触れた幾つもの夜が、物語を紡ぎ出す素になっているのかも。海外の夜は光り輝き方も匂いも違う。そこから生み出される女心が執筆作業に盛り込まれて読者の私たちの心を震わせるのか。異国…私 角田さんの敏感な触角に触れた幾つもの夜が、物語を紡ぎ出す素になっているのかも。海外の夜は光り輝き方も匂いも違う。そこから生み出される女心が執筆作業に盛り込まれて読者の私たちの心を震わせるのか。異国…私は角田さんの書くものを読むだけで自分の知らない世界にたどり着いてしまう。星空を見上げて語り合いたくなった。 …続きを読む
    あつひめ
    2016年01月06日
    88人がナイス!しています
  • 面白い!★★★★★角田光代の創作原点を見付けた!。角田さんの過去の旅行記をエッセイでつづって、夜をテーマに彼女の考え方や旅の展開を描写している。そしてよく酔っ払っている。解説では、友人の西加奈子さんが 面白い!★★★★★角田光代の創作原点を見付けた!。角田さんの過去の旅行記をエッセイでつづって、夜をテーマに彼女の考え方や旅の展開を描写している。そしてよく酔っ払っている。解説では、友人の西加奈子さんが、その角田さんの性格を的確に教えてくれている。角田さんの作品がここから来ているのかと分かった様な気がする。保存版の一冊にしようと思う。 …続きを読む
    Washi
    2016年11月02日
    86人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品