試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041006306

妖し語り 備前風呂屋怪談2

  • 著者 岩井 志麻子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041006306

妖しき美貌の湯女の正体は――。圧巻の時代怪談、第2弾!

湯女・お藤の巧みな語りの噂を聞きつけて、和気湯には様々な客が訪れる。奇怪な観音様の話、首と腸のみで飛び回る女の話、別人格に苦悩する男の話。お藤の前にまた、嘘とも真ともつかぬ奇妙な物語が立ち上がる。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「妖し語り 備前風呂屋怪談2」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • なんか前作よりお藤さんの影が薄い気がしました。周りの人がより濃いのか?語られる話はバラエティに富んでいてなかなか面白かった。 なんか前作よりお藤さんの影が薄い気がしました。周りの人がより濃いのか?語られる話はバラエティに富んでいてなかなか面白かった。
    ☆kubo
    2013年06月05日
    18人がナイス!しています
  • 敬愛する破天荒作家・岩井志麻子先生。作品は思いの外、上品で幽玄。泉鏡花のよう。澁澤先生へのオマージュかと思った。 そして、謎は謎のままに。 敬愛する破天荒作家・岩井志麻子先生。作品は思いの外、上品で幽玄。泉鏡花のよう。澁澤先生へのオマージュかと思った。 そして、謎は謎のままに。
    眠る山猫屋
    2013年08月06日
    9人がナイス!しています
  • 和風ファンタジー的な感じなんだけど、ファンタジーにしては人間くささやどこか生々しさを感じますね。。。風呂屋のお藤さん。。。ほんとに天女様なのかしら?(笑)語り口調もなんだか不思議な感じですね。 和風ファンタジー的な感じなんだけど、ファンタジーにしては人間くささやどこか生々しさを感じますね。。。風呂屋のお藤さん。。。ほんとに天女様なのかしら?(笑)語り口調もなんだか不思議な感じですね。
    胡蝶
    2013年06月19日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品