試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041005798

湯女の櫛 備前風呂屋怪談

  • 著者 岩井 志麻子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041005798

何が本当で何が嘘。

江戸時代初期、備前岡山の風呂屋に天女のような湯女がいた。名はお藤。女は夜ごと男の伽をしながら、寝物語に不可思議な話を始めた……『ぼっけえ、きょうてえ』の著者が満を持しておくる、圧巻の時代怪談!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「湯女の櫛 備前風呂屋怪談」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 怪談というよりお藤賞賛本。湯女のお藤がどんなに良い女なのかが延々と、ほぼ同じ内容の繰り返しで語られていました。章が始まるごとに毎回数ページを使ってお藤賞賛が続き、やっと終わったかと思うとチョロっと怪談 怪談というよりお藤賞賛本。湯女のお藤がどんなに良い女なのかが延々と、ほぼ同じ内容の繰り返しで語られていました。章が始まるごとに毎回数ページを使ってお藤賞賛が続き、やっと終わったかと思うとチョロっと怪談らしきものがあり章終了。そして次の章に入ると又長々と「お藤はこんなに素晴らしい」を聞かされる、その繰り返し。「ぼっけぇきょうてぇ」のような面白さを期待していたのにガッカリしました …続きを読む
    ラルル
    2014年09月12日
    28人がナイス!しています
  • 『ぼっけえ、きょうてえ』『岡山女』がとても好みの岩井志麻子さん。これまた舞台が岡山。風呂屋の湯女•お藤の語る寝物語。怖い話を期待して読み始めたが、怖いというよりは、不思議なお話。 なんせ、話す言葉、雰 『ぼっけえ、きょうてえ』『岡山女』がとても好みの岩井志麻子さん。これまた舞台が岡山。風呂屋の湯女•お藤の語る寝物語。怖い話を期待して読み始めたが、怖いというよりは、不思議なお話。 なんせ、話す言葉、雰囲気がよい。 続編も読みたい。 …続きを読む
    のぼる
    2020年06月27日
    16人がナイス!しています
  • 風呂屋を舞台に遊女或いは客が語らう虚実綯い交ぜの玄想譚。著者の昔からのモチーフ黒焦げに焼かれた美女と、鳥女の話が美しい。「実につまらん出来事、取るに足らぬ話であったとしても、語り手が優れとったら波瀾万 風呂屋を舞台に遊女或いは客が語らう虚実綯い交ぜの玄想譚。著者の昔からのモチーフ黒焦げに焼かれた美女と、鳥女の話が美しい。「実につまらん出来事、取るに足らぬ話であったとしても、語り手が優れとったら波瀾万丈の深い話になる。  ほれ、絵に描かれた殿様や姫様は凡庸でも、絵描きが優れとったら、描かれた人は死んでも絵は後世に残るじゃろ。実はたいしたことのない容貌や性質でも、絵描きによって永劫の命を与えられ、物語を生み続ける」…物書きの命題がお藤に託されている …続きを読む
    澤水月
    2020年07月24日
    13人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品