試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041005361

雀蜂

  • 著者 貴志 祐介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041005361

角川ホラー文庫20周年記念、書き下ろし傑作ホラー!

雪の山荘に閉じ込められた小説家の安斎を突如襲う、凶悪なスズメバチの群れ。安斎は山荘を生きて出られるのか。最後明らかになる驚愕の真実とは!? ノンストップ・サバイバルホラー、文庫書き下ろしで登場!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

『雀蜂』テレビCM+公式PV


「雀蜂」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 賛否の分かれるこの作品。あまり期待せず読んだがこれがどうだ面白いではないか!日常の品を武器に代え智力を尽くしての凶暴な蜂との攻防はまるで雪の山荘版ダイ・ハード。さすが貴志祐介と唸らされる出色の出来。一 賛否の分かれるこの作品。あまり期待せず読んだがこれがどうだ面白いではないか!日常の品を武器に代え智力を尽くしての凶暴な蜂との攻防はまるで雪の山荘版ダイ・ハード。さすが貴志祐介と唸らされる出色の出来。一転真実が明かされる後半にはこれは叙述ミステリーだったと気づく仕掛け。ただ残念だったのはラストの切れとテンポがもうひとつだった事か。しかしパニックホラーと叙述ミステリーの融合と考えれば斬新でそれなりに楽しめる。筋立ては違うがS・キングのシークレット・ウインドゥにどこか似た作品だった。 …続きを読む
    サム・ミイラ
    2016年07月15日
    556人がナイス!しています
  • 久々の貴志祐介さん。でも、ちょっと、これが角川ホラー文庫なの?『黒い家』、『青い炎』の素晴らしさは何処に。最初のアナフィラキシー・ショック設定の恐怖感や雀蜂との攻防はスリルあり、ユーモアありだったけど 久々の貴志祐介さん。でも、ちょっと、これが角川ホラー文庫なの?『黒い家』、『青い炎』の素晴らしさは何処に。最初のアナフィラキシー・ショック設定の恐怖感や雀蜂との攻防はスリルあり、ユーモアありだったけど、後半はバタバタのやっつけか?作中もやっつけ作品があったし。無理に後半のどんでん返しを取り入れなくて、そのまま雀蜂主体で纏めた方が面白かった気がした。後半のアイデアは、またの機会で良かった感が強かった。次作も読むから、『黒い家』を越えるものを期待したい。 …続きを読む
    にいにい
    2014年05月04日
    476人がナイス!しています
  • 福岡からの帰りの機中で即読了。貴志氏の作品としては短め。けど、読後の満足感はしっかり。蜂と攻防するという、ホラーとしては珍しいストーリー。でも最後にちゃんと貴志氏らしい展開で、「そうきたか!」と嬉しい 福岡からの帰りの機中で即読了。貴志氏の作品としては短め。けど、読後の満足感はしっかり。蜂と攻防するという、ホラーとしては珍しいストーリー。でも最後にちゃんと貴志氏らしい展開で、「そうきたか!」と嬉しい裏切り。一気に読めた作品だった。 …続きを読む
    まひはる
    2013年12月24日
    391人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品