正義のセ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年02月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041102541

正義のセ

  • 著者 阿川 佐和子
  • イラスト 荒井 良二
  • デザイン アルビレオ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年02月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041102541

「聞く力」の著者が描く、いま一番伝えたい物語!

東京下町の豆腐屋生まれの凜々子はまっすぐに育ち、やがて検事となる。法と情の間で揺れてしまう難事件、恋人とのすれ違い、同僚の不倫スキャンダル……山と谷ばかりの日々にも負けない凜々子の成長物語。

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

阿川佐和子著『正義のセ』


「正義のセ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読み始めるまで知らんかったけど、女検事凛々子サーガなのね。あと3冊手元にあるので続きを読んでみよう。 読み始めるまで知らんかったけど、女検事凛々子サーガなのね。あと3冊手元にあるので続きを読んでみよう。
    takaC
    2018年01月08日
    147人がナイス!しています
  • 阿川さんの小説は初読み、正義感が強く融通の利かない下町の豆腐屋の娘凜々子が検事として成長して行く姿を描いたお仕事小説、まだまだ序幕という感じで2.3と続いて行くみたいですが、なんだろう今一つピンとこな 阿川さんの小説は初読み、正義感が強く融通の利かない下町の豆腐屋の娘凜々子が検事として成長して行く姿を描いたお仕事小説、まだまだ序幕という感じで2.3と続いて行くみたいですが、なんだろう今一つピンとこなくて入り込めなかった、凜々子のキャラクタ-が型物で真面目なのに急に感情を露わにし過ぎたり、現代物なのずっと昔に書かれた作品かと思うような古くささも感じて、バランスの悪さを感じてしまった。 …続きを読む
    みかん🍊
    2017年03月13日
    99人がナイス!しています
  • 阿川さんの小説初読み。正義感に溢れるが融通がきかなく、少々お堅い新米検事凛々子の成長物語。とってもあたたかい豆腐屋の家族に囲まれ、大学時代から付き合っている彼氏もいるなか難関の司法試験に合格し、かねて 阿川さんの小説初読み。正義感に溢れるが融通がきかなく、少々お堅い新米検事凛々子の成長物語。とってもあたたかい豆腐屋の家族に囲まれ、大学時代から付き合っている彼氏もいるなか難関の司法試験に合格し、かねてから希望の検事になる。が、彼氏との別れ、仕事にも苦悩が…。とても読みやすく、凛々子の感情も手に取るようにわかる。ただ、情に流されたり、家で担当事件についてべらべら喋るのはちょっといただけない。とはいえ、実家のこと、凛々子の今後が気になるので続編も行きます。 …続きを読む
    モルク
    2019年05月12日
    90人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品