角川文庫

風車祭 下

幽霊と妖怪と少年の三角関係の結末は? そして島の運命は!? ミラクル&クレイジーな世界を描く直木賞候補作!

発売日:
2010年02月01日
商品形態:
電子書籍
風車祭 下 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

風車祭 下

幽霊と妖怪と少年の三角関係の結末は? そして島の運命は!? ミラクル&クレイジーな世界を描く直木賞候補作!

  • 区分表記なし 池上 永一
発売日:
2010年02月01日
商品形態:
電子書籍

幽霊と妖怪と少年の三角関係の結末は? そして島の運命は!? ミラクル&クレイジーな世界を描く直木賞候補作!

ある日、ニライカナイの神がこう告げた。「島を大津波が襲うだろう」。この危機の予言を、果たして島人は避けることができるのか? 一方、マブイとしてさすらうピシャーマは、あの世に帰りたいと切に願う。武志とピシャーマの淡い恋に六本足の妖怪豚の横やりが入って、島も恋も大パニックに!? この涙と笑いあふれるマジックリアリズムの傑作は、直木賞候補作にもなって話題を呼んだ。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「風車祭 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • マブイを落とすってどういう感じなんだろう。そもそもマブイってなんだろう。単にスピリチュアルなものではないようだ。沖縄に生まれ育った人しか分からないのかも知れない。いや、そうであって欲しい。この物語、読 マブイを落とすってどういう感じなんだろう。そもそもマブイってなんだろう。単にスピリチュアルなものではないようだ。沖縄に生まれ育った人しか分からないのかも知れない。いや、そうであって欲しい。この物語、読み終えてから徐々に、徐々に浸み込んできた。ええ物語やん。お年寄りを大切にすること、自然を敬うこと、土地の民俗や文化を大切にすること、人生何事も前向きに考えること、などなど色々学んだ。 …続きを読む
    Shoji Kuwayama
    2017年12月06日
    61人がナイス!しています
  • 『パガージマヌパナス』から池上さんの沖縄小説は2作目。毎日ごろごろしぶとく生きる登場人物や摩訶不思議な出来事を見ていると、どんどん「我が心の沖縄」への憧れが膨らんでく。 沖縄の習慣が面白可笑しく分かる 『パガージマヌパナス』から池上さんの沖縄小説は2作目。毎日ごろごろしぶとく生きる登場人物や摩訶不思議な出来事を見ていると、どんどん「我が心の沖縄」への憧れが膨らんでく。 沖縄の習慣が面白可笑しく分かる。クセが強くて正直読むのに苦労した小説だったけど、何だか物語が終わるのが寂しかった。豚のギーギーやフジオバァは憎らしいのに憎めない …続きを読む
    そふぃあ
    2017年03月31日
    24人がナイス!しています
  • 一気に読んでしまった。それぞれのキャラがよく、沖縄の風習なども書かれていて面白かった!読み終わってからもいい感じでした。石垣に行ってみたくなる物語です。 一気に読んでしまった。それぞれのキャラがよく、沖縄の風習なども書かれていて面白かった!読み終わってからもいい感じでした。石垣に行ってみたくなる物語です。
    佐藤
    2018年05月13日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品