角川文庫

ぼくのキャノン

戦争の記憶を奔放なストーリーに乗せて描く、復帰世代の沖縄戦。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784043647101
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

ぼくのキャノン

戦争の記憶を奔放なストーリーに乗せて描く、復帰世代の沖縄戦。

  • 著者 池上 永一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784043647101

戦争の記憶を奔放なストーリーに乗せて描く、復帰世代の沖縄戦。

豊かで美しい村の守り神である、帝国陸軍の九六式カノン砲「キャノン様」。だが、そこには絶対に知られてはならない大きな秘密があった――! 復帰世代の作家が初めて描く沖縄戦。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ぼくのキャノン」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • B級映画とかコメディー映画みたいなノリで進んでいくけど、そこには沖縄戦というテーマが隠されてる。 スベってたり、話がチグハグしてるように感じるのは計算された上での事やと思うのですが自分には合いませんで B級映画とかコメディー映画みたいなノリで進んでいくけど、そこには沖縄戦というテーマが隠されてる。 スベってたり、話がチグハグしてるように感じるのは計算された上での事やと思うのですが自分には合いませんでした。でも、たまに美奈が相手にされなかったりするのは笑った。 …続きを読む
    はらぺこ
    2017年04月08日
    27人がナイス!しています
  • テンプレ通りの南国沖縄らしい幕開け早々『祟りじゃ!』と叫ぶオババの声。村の仕組みがわかるまでの100ページ程は中々進まなかったが、中盤以降の展開の早さに捲られるように読みきってしまい、自分には割と珍し テンプレ通りの南国沖縄らしい幕開け早々『祟りじゃ!』と叫ぶオババの声。村の仕組みがわかるまでの100ページ程は中々進まなかったが、中盤以降の展開の早さに捲られるように読みきってしまい、自分には割と珍しいことに間を置かずに二回読みしてしまった。清も濁も純も俗も、なんの矛盾もなく並立している『人間くささ』がたまらなく好きだ。『お帰りなさーい』には、少し胸の奥がぎゅっとやられた。2013-175 …続きを読む
    ぺぱごじら
    2013年11月09日
    21人がナイス!しています
  • オバァがパワフル。しかし、池上作品の女たちは、なんとエネルギッシュなのだろう。 オバァがパワフル。しかし、池上作品の女たちは、なんとエネルギッシュなのだろう。
    miroku
    2010年11月12日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品