試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784042118046

鏡の国のアリス

  • 著者 ルイス・キャロル
  • 訳者 河合 祥一郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784042118046

美しい原画の装丁で、装い新たに甦る、永遠の名作童話決定版!

【アリスは“不思議の国”だけじゃない! “鏡の国”で立派な女王になるアリスを見届けよう! 原文の言葉あそびの楽しさそのままを「新訳」で!!】


●ここがポイント
(1)さすが新訳!!
前作に引きつづき、今に息づく、美しい日本語でアリスが読めます。
難解で読みづらいなんてこと一切なし! そしてくずれた日本語でもありません。
アリスの上品かつかわいらしい台詞を楽しめます。

(2)アリスが女王になる!? チェスについての詳細な解説
物語の肝(きも)はなんといっても「アリスが女王になる」こと。
“不思議の国”はトランプの国でしたが、“鏡の国”はチェスの国。(将棋とちがってチェスはコマが鏡合わせに置かれます)
つまりこの物語ではアリスはチェスの女王(クイーン)に「成る」のです。
物語はチェスの棋譜にそって展開しており、訳者あとがきでそれが詳細に解説されていて、それがめちゃくちゃ面白いです!

(3)アリスの面白さはライム(韻)
本作は、とくに詩の韻を重視して訳出されています。ラストに掲載される美しい詩をもとにご説明しましょう。

  [な]つ 七月の 空【青く】、
  [つ]れだって船で遊べば、夢【多く】。
  [の]んびり川に流れる追【憶】――

  [ひ]っそりと身をよせあ《いて》、
  [ノ]ンセンスのお話、夢中で聴《いて》。
  [あ]きもせぬ三人の子が《相手》――

※【 】《 》で韻がふまれています。[ ]はつなげて読むことができます。
ちなみにこの詩の訳文がすごいのは、脚韻がふまれているだけでなく、行頭の文字をつなげるとある一文がみえてきます。
近年ネットではやっている“タテ読み”を、百年以上も前のルイス・キャロルはすでにやっていたんですね。
「なつのひノあ」……。このあとどんな言葉が続くでしょう。本文でぜひお読み下さい。

(4)詳細な解説付き&詩の楽譜も!
訳者あとがきでは、ほかにも物語が生まれたいきさつや、作品に関する詳しい解説・裏話が読めます。
・この本が出版されたころ、アリスのモデルである、実在のアリス・リドルが大恋愛していた相手とは?
・アリスが大人になるのを見まもる白の老騎士は、だれのカリカチュア?
・意味不明すぎるジャバーウォッキーの詩の「ぬなやか」は何と何の合成語?(ほかにもこの詩の用語に関する詳細な説明も掲載)
アリスファンならニヤリとしてしまうこと、まちがいなし!
おまけに、それぞれの詩の楽譜もついています。
「鏡の国のアリスです♪」を楽譜にあわせて歌いましょう!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

1 鏡の家
2 しゃべる花々のお庭
3 鏡の国の虫
4 トゥィードルダムとトゥィードルディー
5 ウールと水
6 ハンプティ・ダンプティ
7 ライオンとユニコーン
8 「これはせっしゃの発明でござる」
9 女王アリス
10 ゆさぶって
11 目が覚めて
12 夢を見たのはどっち?
訳者あとがき

メディアミックス情報

NEWS

「鏡の国のアリス」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • だいぶアリスの世界を読むのに慣れたかな(笑)相変わらず急旋回する物語についていくのは難解だが、それを追うのが本意で無くていいのだ!だってうたかたの夢なのだから♬チェスになぞらえる展開は、個人的には不思 だいぶアリスの世界を読むのに慣れたかな(笑)相変わらず急旋回する物語についていくのは難解だが、それを追うのが本意で無くていいのだ!だってうたかたの夢なのだから♬チェスになぞらえる展開は、個人的には不思議の国よりも楽しめた。まずは赤のキングを起こさぬ様に!それにしても、韻を踏ませ、ダジャレ三昧な訳が素晴らしい!疑わしいやつを知らせるシダレヤナギ→「しっ、だれ?」嫌な「疑っ」とか、朝食に似てる驚異の蝶→超ショックなんて他言語またいで成り立ってるのがスゴ過ぎる!怒濤で混迷する宴会場から子ネコに戻るラストが素敵♬ …続きを読む
    nobby
    2019年12月16日
    136人がナイス!しています
  • 10冊目『鏡の国のアリス』(ルイス・キャロル 著、河合祥一郎 訳、2010年2月、角川書店) 1865年に刊行された児童文学『不思議の国のアリス』の続編。初刊行は1871年。前作以上にナンセンスな内容 10冊目『鏡の国のアリス』(ルイス・キャロル 著、河合祥一郎 訳、2010年2月、角川書店) 1865年に刊行された児童文学『不思議の国のアリス』の続編。初刊行は1871年。前作以上にナンセンスな内容だが、物語全体を通して一つのチェスのゲームになっているという構成は驚異的かつ狂気的。訳者の解説が真実であるならば、ルイス・キャロルのロリコンっぷりにはちょっと引く。優れた芸術家というのは多かれ少なかれ特殊な性癖というものを有しているのかも知れないが…。 「あなたは、どっちの夢だったと思いますか?」 …続きを読む
    ムッネニーク
    2022年02月11日
    125人がナイス!しています
  • 鏡をくぐると、そこはピントが狂ったチェスの国。花や虫やたまごだってお喋りしながら踊り出す。知恵と勇気を駆使してクイーンの座をめざすんだ。言葉遊びとマザーグースのパロディに彩られたファンタジーの古典。ジ 鏡をくぐると、そこはピントが狂ったチェスの国。花や虫やたまごだってお喋りしながら踊り出す。知恵と勇気を駆使してクイーンの座をめざすんだ。言葉遊びとマザーグースのパロディに彩られたファンタジーの古典。ジョン・テニエルのオリジナル挿絵を全点収録した角川版は不思議な魅力に満ちている。それにしても、河合祥一郎氏の訳は自由すぎる。トゥイードル兄弟は「おおきにありがとさん」って関西弁だし、白の騎士は「それがしは〜でござる」とか侍だし……。自分にとってベストのアリスを探すのも楽しいのかも。 …続きを読む
    Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房
    2015年10月12日
    122人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品