機動戦士Zガンダム外伝 ティターンズの旗のもとに上巻 ADVANCE OF Z

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ニコカド祭り2020
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年03月27日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784840242295
ニコカド祭り2020

機動戦士Zガンダム外伝 ティターンズの旗のもとに上巻 ADVANCE OF Z

  • 著者 今野 敏
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年03月27日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784840242295

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「機動戦士Zガンダム外伝 ティターンズの旗のもとに上巻 ADVANCE OF Z」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ティターンズ(地球連邦軍の中にまた1つ特権化された軍があるイメージ)のテストパイロットだった主人公に帰せられたグリプス戦役中の種々の罪状の、無罪を証明すべく闘争する人々の物語。戦闘中のエピソードとUC ティターンズ(地球連邦軍の中にまた1つ特権化された軍があるイメージ)のテストパイロットだった主人公に帰せられたグリプス戦役中の種々の罪状の、無罪を証明すべく闘争する人々の物語。戦闘中のエピソードとUC.0088時の調査活動が交互に語られる。前者は電撃ホビーマガジンが買えなかった頃立読みしていたのを思い出し懐かしい。後者の軍事法廷での論戦も、臨場感と勢いがあって楽しめる。タイトル通り「外伝」なので、星屑~Z~ZZの時代の流れを分かっていないと全くついていけない話なのも、オタク心をくすぐられる。 …続きを読む
    ドウ
    2020年04月15日
    5人がナイス!しています
  • 古本屋で上下巻共にゲット。批評として簡潔な文体で非常に読みやすい、だが逆に物足りなさを感じずにはいられなかった。印象としては、脚本?を読んでいるような気分になった。内容はややご都合主義で、テスト部隊と 古本屋で上下巻共にゲット。批評として簡潔な文体で非常に読みやすい、だが逆に物足りなさを感じずにはいられなかった。印象としては、脚本?を読んでいるような気分になった。内容はややご都合主義で、テスト部隊という設定上新型機が次々と一場面で使い捨てられていくのが残念だった。ただ上記の面含めアニメにしたらものすごく良い作品になると思う。ガンダムファンとしては終始ニヤニヤせずにはいられなかった一冊。下巻に期待。 …続きを読む
    シゲル
    2010年05月03日
    4人がナイス!しています
  • 福井さんのガンダム世界にあてられたことと、「警察小説の人がなぜ?」という疑問から(中古で)入手。 推進剤がなくなればモビルスーツもただの棺桶ということで、アポロ計画の頃の地球人と問題は変わらないんだ 福井さんのガンダム世界にあてられたことと、「警察小説の人がなぜ?」という疑問から(中古で)入手。 推進剤がなくなればモビルスーツもただの棺桶ということで、アポロ計画の頃の地球人と問題は変わらないんだね。 「万能ロボット」感のあった、RX-78とかシャアザクも本当はそういうくびきから自由ではなかったのだね。 重力下でアムロが何度もジャンプした戦法を踏襲して「アムロ・レイはこんな過酷なことを続けたのか…」などと思うなんてくだりはなかなか面白かった。 福井さんとはまた違う、細部へのこだわりが面白かった。 …続きを読む
    やっさん
    2013年03月23日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品