首挽村の殺人

第27回 横溝正史ミステリ大賞 <大賞>

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年06月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
424
ISBN:
9784048737845

第27回 横溝正史ミステリ大賞 <大賞>

首挽村の殺人

  • 著者 大村 友貴美
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年06月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
424
ISBN:
9784048737845

これが、現代の横溝正史だ! 第27回横溝正史ミステリ大賞受賞作

岩手県の雪深い村・鷲尻村の診療所に、東京から医師・滝本がやってきた。滝本が村に赴任してから、村では謎の連続猟奇殺人事件が起こる。村の昔語りに秘められた陰惨な過去が、事件解決の鍵を握る! 横溝賞受賞作。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「首挽村の殺人」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 横溝正史賞作品!昔ながらのコテコテのミステリを目指したのだろうし、連続殺人や山奥の村、昔の風習や噺など、設定的には嬉しいけど、登場人物がハッキリとした意思表示が無く、事件発生後の様子も飛ばされ気味、ち 横溝正史賞作品!昔ながらのコテコテのミステリを目指したのだろうし、連続殺人や山奥の村、昔の風習や噺など、設定的には嬉しいけど、登場人物がハッキリとした意思表示が無く、事件発生後の様子も飛ばされ気味、ちょっと読みづらい作品でした!でも気が向けば次作も読むかも!古典的なミステリに飢えているので(笑) …続きを読む
    あっちゃん
    2014年11月22日
    27人がナイス!しています
  • 初っぱなから残酷な現場、回れ右したくなった。そしてザクザクと出て来る過疎化問題、猛獣被害、連続殺人、村の暗い過去…一気に何冊もの本を抱えてるいるような気分。登場人物も多いので『これはどういう人だっけ? 初っぱなから残酷な現場、回れ右したくなった。そしてザクザクと出て来る過疎化問題、猛獣被害、連続殺人、村の暗い過去…一気に何冊もの本を抱えてるいるような気分。登場人物も多いので『これはどういう人だっけ?』と。そして主人公が定まってないので気持ちが入りにくいし、唐突な恋心も後付けぽい。で、どう考えても怪しいのはあの人に誘導されてる感じだけど無理あるよなぁと思ってたら……。うーん悲劇の集約?でも只でさえ大変な地域なのに気の毒。 …続きを読む
    リッツ
    2020年01月08日
    26人がナイス!しています
  • 身の毛もよだつ残酷な言い伝えが残る鷲尻村、通称・首挽村に医師の滝本志門は短期赴任してきた。雪山を抱えて静かに春待つ村…のはずが、予測なしで始まった連続殺人事件。村の不穏な昔話と関連して起こる壮絶な殺人 身の毛もよだつ残酷な言い伝えが残る鷲尻村、通称・首挽村に医師の滝本志門は短期赴任してきた。雪山を抱えて静かに春待つ村…のはずが、予測なしで始まった連続殺人事件。村の不穏な昔話と関連して起こる壮絶な殺人事件もさることながら、山を抱えて生きる村らしい熊出没、しかも赤熊という大きくて人を襲う殺人熊の登場にダブルの恐怖が村人たちを襲う。さすが横溝正史ミステリ大賞受賞作だけある。ミステリとして最高に面白かった。村の抱える問題もちいさなコミュニティの中で生きる村人の考え方も含め、とても興味深かった。 …続きを読む
    えみ
    2019年05月04日
    25人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品