霧の塔の殺人

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年09月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784043944736

霧の塔の殺人

  • 著者 大村 友貴美
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年09月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784043944736

「21世紀の横溝正史」と呼ばれる気鋭が描いたサスペンス・ミステリー

岩手県・雲上峠のベンチに生首が置かれていた。被害者は年商総額三十億にのぼる会社の経営者、地元の名士を残忍なやり方で殺害したのは誰か。次の殺害予告は県選出の国会議員に及ぶ劇場型殺人へと発展する!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「霧の塔の殺人」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ第3弾・最終巻。 今作が一番よかった。一方井記者の語りも。前作でも思ったけど、このシリーズ助手を連れた民俗学者あたりが探偵役になったら運びがよくなりそうな? シリーズ第3弾・最終巻。 今作が一番よかった。一方井記者の語りも。前作でも思ったけど、このシリーズ助手を連れた民俗学者あたりが探偵役になったら運びがよくなりそうな?
    coco夏ko10角
    2019年08月14日
    22人がナイス!しています
  • 「首挽村…」「死墓島…」に続く殺人シリーズ3作目。良くも悪くも火曜サスペンス的で、横溝っぽい地方の社会問題を匂わせつつ、若干観光要素を入れつつ、走っているうちに事件は解決。一定のレベル以上なので安心し 「首挽村…」「死墓島…」に続く殺人シリーズ3作目。良くも悪くも火曜サスペンス的で、横溝っぽい地方の社会問題を匂わせつつ、若干観光要素を入れつつ、走っているうちに事件は解決。一定のレベル以上なので安心して読めるシリーズではある。ただ1作目が事件よりマタギ描写が秀逸だったように、主題より他が面白かったりもするんですな。今回も引きこもり青年のやたら長いモノローグとか警察の暴走バカ上司描写に相当力が入っていて、首なし殺人の謎とかわりとどうでも良くなってきます。登場人物が多く、○○が死んだ…誰?と思ったりも。 …続きを読む
    Kouro-hou
    2014年02月03日
    8人がナイス!しています
  • 霧深い峠の展望台、そこにあるベンチに置かれた男の生首、事件はここから始まります。事件はさらなる被害者を生み、大きな事件に発展していきます。大村友貴美さんの「○○の殺人」シリーズ第三弾!今回はいままでの 霧深い峠の展望台、そこにあるベンチに置かれた男の生首、事件はここから始まります。事件はさらなる被害者を生み、大きな事件に発展していきます。大村友貴美さんの「○○の殺人」シリーズ第三弾!今回はいままでのような横溝作品の匂いは薄めですが、地方に生きる人達の考え、現代日本の雇用などの社会問題を絡めながら、物語を構築しています。少し残念なのは、語られる社会問題の印象が強く、ミステリー要素が弱かった気がしたところ。 …続きを読む
    MarsAttacks!
    2012年03月05日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品