試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
448
ISBN:
9784043943623

死墓島の殺人

  • 著者 大村 友貴美
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
448
ISBN:
9784043943623

現代の横溝正史と絶賛される著者による、横溝正史ミステリ大賞受賞第1作!

岩手県三陸沖、「死墓島」と呼ばれる島で起きた連続殺人事件。事件の真相を、その名に秘められた島の陰の歴史とともに温厚実直な藤田警部補が明らかに! 『首挽村の殺人』に続く、殺人シリーズ第2弾!

メディアミックス情報

NEWS

「死墓島の殺人」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 因習に包まれた孤島、対立する旧家、見え隠れする島に伝わるわらべ歌。横溝世界を思わせる魅力的なギミックなんだけど、どうもそれが事件と結びついていないように思える。材料は上等なのにそれを生かし切れていない 因習に包まれた孤島、対立する旧家、見え隠れする島に伝わるわらべ歌。横溝世界を思わせる魅力的なギミックなんだけど、どうもそれが事件と結びついていないように思える。材料は上等なのにそれを生かし切れていない料理を食べたような。文章とかは鬱々としているのだが、そのベクトルが探偵役の心理描写とか警察内部の問題とかそっちに向かっちゃってるし。そう考えると『獄門島』は社会の転換期と島の因習、そして人間関係が全て絡み合い一本の筋となった傑作という事が再確認できるなあ。土俗と事件の組み合わせは面白いけど生かすのは難しそう。 …続きを読む
    HANA
    2020年06月09日
    59人がナイス!しています
  • シリーズ第2弾。藤田警部補、なんかキャラ弱いんだよなぁ…。小島で連続殺人が、とか知ってること全部を証言してくれない住民たちとかいいはずなんだけどワクワクしきれない感じ。あとこういうタイプの犯人のせい、 シリーズ第2弾。藤田警部補、なんかキャラ弱いんだよなぁ…。小島で連続殺人が、とか知ってること全部を証言してくれない住民たちとかいいはずなんだけどワクワクしきれない感じ。あとこういうタイプの犯人のせい、って前作と同じなのも。 …続きを読む
    coco夏ko10角
    2019年08月07日
    21人がナイス!しています
  • 前作とはマシというくらいであまり面白くない・・・・。途中まではそこそこ面白ろかった様な気がしていたんですが・・・。舞台や雰囲気はそれなりに良かったんですけどね。最終的な解決があまりに微妙すぎて・・・。 前作とはマシというくらいであまり面白くない・・・・。途中まではそこそこ面白ろかった様な気がしていたんですが・・・。舞台や雰囲気はそれなりに良かったんですけどね。最終的な解決があまりに微妙すぎて・・・。藤田警部補のキャラクターもいまいち定まっていないような気がしてしまってもう少しシッカリとした設定をしてもらった方が楽しめるかな。全体的に中途半端という感じ。 …続きを読む
    ホームズ
    2012年03月08日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品