角川文庫

やどかりとペットボトル

神の子か、悪魔の子か? ラディカルでナイーブな遠い記憶。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784043647033
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

やどかりとペットボトル

神の子か、悪魔の子か? ラディカルでナイーブな遠い記憶。

  • 著者 池上 永一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784043647033

神の子か、悪魔の子か? ラディカルでナイーブな遠い記憶。

石垣島で生まれ、少年時代を沖縄で過ごした著者。物心つく頃から、奇妙で不思議なことが次々と起きて――。池上マジックのエッセンス満載、ちょっとブラックでディープな面白さ! 著者初のエッセイ集。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「やどかりとペットボトル」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 石垣島で過ごした濃密な子供時代。やはり沖縄は本土とはまるで違う。そんな昔の話ではないのに、それはどこの国のいつの時代のはなしなのかわからなくなる、独立した文化があるんだなあ。お母さんがかなりダークです 石垣島で過ごした濃密な子供時代。やはり沖縄は本土とはまるで違う。そんな昔の話ではないのに、それはどこの国のいつの時代のはなしなのかわからなくなる、独立した文化があるんだなあ。お母さんがかなりダークですごいです。子供のときからひねくれている池上さん。こんな環境で育った池上さんにしかかけない小説をこれからも楽しみにしています。 …続きを読む
    yuki
    2014年09月16日
    15人がナイス!しています
  • 池上永一さんエッセイ。意地悪思考は幼稚園時代からだったんですね。面白かったです。サンタが金持ちドラ息子をえこひいきする話、97歳風車祭の話もよかった。「学校の課題図書は、本のグルメを標榜する僕にとって 池上永一さんエッセイ。意地悪思考は幼稚園時代からだったんですね。面白かったです。サンタが金持ちドラ息子をえこひいきする話、97歳風車祭の話もよかった。「学校の課題図書は、本のグルメを標榜する僕にとっては残飯同然。ぼくは高級路線、心の肥満児」って!!笑)池上永一さんのひねくれ感が存分に伝わる文章ですね。わたしも同感です。あっぱれです。また最新エッセイが出るといいなぁ。 …続きを読む
    ダグラスまま
    2013年07月18日
    10人がナイス!しています
  • 大好きな池上永一さんのエッセイ!ずーっと読みたくて楽しみにしていたけど、良かったけど、やっぱり小説の方が最高に楽しめるな〜♫でも!エッセイを読めて、池上さんのことを知れて嬉しかったです。琉球王国から沖 大好きな池上永一さんのエッセイ!ずーっと読みたくて楽しみにしていたけど、良かったけど、やっぱり小説の方が最高に楽しめるな〜♫でも!エッセイを読めて、池上さんのことを知れて嬉しかったです。琉球王国から沖縄の歴史や文化や血!が、すごく好きです。風車祭カジマヤーの話しは小説もエッセイもすごく好きです!長寿に勝るものはないですね。 …続きを読む
    嘉江☆海★山♫
    2016年06月21日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品