角川文庫

新世界

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043829019

角川文庫

新世界

  • 著者 柳 広司
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043829019

『トーキョー・プリズン』の気鋭が放つ、超弩級エンタテインメント!

第二次大戦が終わった夜、原爆が生まれた砂漠の町で一人の男が殺され、混沌は始まった。原爆の父・オッペンハイマーの遺稿の中で、世界は捻れ悲鳴を上げる。人間の原罪を問う、至高のエンタテインメント。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「新世界」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • サイエンス:ホラー:サスペンス:ミステリー=1:3:5:1といった感じでした。しかし「黙示録」の項には当方の方が“もうやめてくれ!”と言いそうになりました。重かったです・・・。 サイエンス:ホラー:サスペンス:ミステリー=1:3:5:1といった感じでした。しかし「黙示録」の項には当方の方が“もうやめてくれ!”と言いそうになりました。重かったです・・・。
    ehirano1
    2016年10月10日
    69人がナイス!しています
  • 本作はあくまでミステリではありますが、原爆をテーマに扱っていることもあってか、犯人捜しやトリックというミステリでいえば「本筋」にあたる内容よりも、原爆投下に至る、または原爆投下後の科学者たちの心の在り 本作はあくまでミステリではありますが、原爆をテーマに扱っていることもあってか、犯人捜しやトリックというミステリでいえば「本筋」にあたる内容よりも、原爆投下に至る、または原爆投下後の科学者たちの心の在り方の描写の方に、私は惹きつけられました。ジョーカーシリーズといい、柳さんの作品はシチュエーションが物語の枠組みだけでなく、テーマに深く関わってくるように思いました。こうの史代さんの『夕凪の街 桜の国』『この世界の片隅に』などの作品と合わせて読むと、テーマについてより深く考えられるのではないかな。 …続きを読む
    MURAMASA
    2010年12月19日
    61人がナイス!しています
  • 原爆の開発責任者・オッペンハイマー博士が遺した、終戦直後のロスアラモスで起きた奇妙な事件の記録原稿という体裁のフィクション。原爆開発のために作られた町に集められた天才的な頭脳。終戦パーティーで起きた爆 原爆の開発責任者・オッペンハイマー博士が遺した、終戦直後のロスアラモスで起きた奇妙な事件の記録原稿という体裁のフィクション。原爆開発のために作られた町に集められた天才的な頭脳。終戦パーティーで起きた爆弾暴発と殺人事件。オッペンハイマーは友人のイザドアに事件の調査を依頼する。見えてくる人間関係と施設内の秘密。それは本当に開発せねばならないものだったのか、日本に落とさなくてはならないものだったのか。ミステリの形をとってはいるが、やはり被爆国の人間として思うところが多分に込められた作品だったと思う。 …続きを読む
    Yuki
    2018年07月26日
    34人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品