七姫物語 第三章 姫影交差

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年05月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784840230452

七姫物語 第三章 姫影交差

  • 著者 高野 和
  • イラスト 尾谷 おさむ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年05月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784840230452

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「七姫物語 第三章 姫影交差」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 琥珀姫除く六姫殿下達が集い、側仕えよりもお姫様なカラが多く、外交や裏側が複雑になってきた3巻。絵空師エヅさんが再登場した時はにやり。三宮ナツメの常磐姫は武家出身で気持ちのいい性格の人。p278のエヅさ 琥珀姫除く六姫殿下達が集い、側仕えよりもお姫様なカラが多く、外交や裏側が複雑になってきた3巻。絵空師エヅさんが再登場した時はにやり。三宮ナツメの常磐姫は武家出身で気持ちのいい性格の人。p278のエヅさんとのくだり好き。p70「生きてゆくことを、どこかでお祭りにしている人の言葉。」p74「先に進んだ人に戻ってきてもらうわけにはいかないから。だから、追いかけないと。」p315「少なくても、あの人達に追いつくまでは続くし、追いついても終わらない気がする~届かなくても、手を伸ばしたかった。」が好きな空澄の想い。 …続きを読む
    幸音
    2015年11月23日
    12人がナイス!しています
  • それぞれの国の姫の思惑やスタンスが少しずつ明かされ物語が少し進んだ第3巻。大きな戦いの幕が開けそうな予感もしつつ、七宮カセンの空澄姫と三宮ナツメの常磐姫が会談を始めたところで次へ続く。次も楽しみです。 それぞれの国の姫の思惑やスタンスが少しずつ明かされ物語が少し進んだ第3巻。大きな戦いの幕が開けそうな予感もしつつ、七宮カセンの空澄姫と三宮ナツメの常磐姫が会談を始めたところで次へ続く。次も楽しみです。 …続きを読む
    ナカショー
    2020年11月26日
    7人がナイス!しています
  • 電子書籍。読み放題。春になり、冬の間止まっていた色々な事柄が動き出す。他の姫たち視点のお話も。大きな戦いになるのかもしれないとどきどきしながら読んだが、最後はどこかふわりとやわらかく終わった。常盤の姫 電子書籍。読み放題。春になり、冬の間止まっていた色々な事柄が動き出す。他の姫たち視点のお話も。大きな戦いになるのかもしれないとどきどきしながら読んだが、最後はどこかふわりとやわらかく終わった。常盤の姫に向けた空澄姫の言葉が彼女らしく真っ直ぐで良かった。 …続きを読む
    2020年02月22日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品