試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年09月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
312
ISBN:
9784840235617

七姫物語第四章夏草話

  • 著者 高野 和
  • イラスト 尾谷 おさむ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年09月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
312
ISBN:
9784840235617

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「七姫物語第四章夏草話」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 初夏、三宮ナツメ、双子都市マキセとクラセ、そして七宮カセンの四都同盟に向けた話。ツヅミの街を、宮姫をクビになったカラスミが歩く。カラスミの宮姫クビ云々に関してp117で衣装役さんに尋ねたのに無視されて 初夏、三宮ナツメ、双子都市マキセとクラセ、そして七宮カセンの四都同盟に向けた話。ツヅミの街を、宮姫をクビになったカラスミが歩く。カラスミの宮姫クビ云々に関してp117で衣装役さんに尋ねたのに無視されてしまうトエルに笑ってしまった。p74~の三宮・常磐姫と親睦の席を設けて甘酒を飲みながら話すシーンが良かった。p105でエヅと常磐姫による姉弟のような、ほとんど遠慮のないやりとりが好き。カラとエヅの再会も嬉しい。終盤、彼女との対話でカラスミが想いを伝えていくのがいい。のんびりした空気とピリッとした空気が混合。 …続きを読む
    幸音
    2015年12月22日
    9人がナイス!しています
  • 電子書籍。読み放題。三宮と七宮の同盟。ツヅミでの日々。他の姫様視点もありながら、空澄視点がメインの印象。一見穏やかなようで、策謀が乱れ飛ぶ。それを空澄はただただ見つめる。カラカラとクロハではなく、空姫 電子書籍。読み放題。三宮と七宮の同盟。ツヅミでの日々。他の姫様視点もありながら、空澄視点がメインの印象。一見穏やかなようで、策謀が乱れ飛ぶ。それを空澄はただただ見つめる。カラカラとクロハではなく、空姫と黒姫として出会うことを望む彼女らの次の出会いが楽しみ。 …続きを読む
    2020年02月27日
    5人がナイス!しています
  • 再読。進んだと思ったら立ち止まり。のんびりペース。クロハさんと遊撃長の会話好き。反対に翡翠姫は苦手だなぁ。極力近づきたくない印象。ヒカゲ好きだからもう少し出てくれたら嬉しいな。 再読。進んだと思ったら立ち止まり。のんびりペース。クロハさんと遊撃長の会話好き。反対に翡翠姫は苦手だなぁ。極力近づきたくない印象。ヒカゲ好きだからもう少し出てくれたら嬉しいな。
    あず
    2019年02月01日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品