メディアワークス文庫

七姫物語 東和国秘抄 ~四季姫語り、言紡ぎの空~

三年前のあの日のこと。三人で見た夢の始まり。始まりは、ここから。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784049122220
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

メディアワークス文庫

七姫物語 東和国秘抄 ~四季姫語り、言紡ぎの空~

三年前のあの日のこと。三人で見た夢の始まり。始まりは、ここから。

  • 著者 高野 和
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784049122220

三年前のあの日のこと。三人で見た夢の始まり。始まりは、ここから。

桁違いの嘘つきで素姓も知れない二人の若者に担がれ、国家統一を目指す都市の姫となったカラスミ。時代の流れに翻弄されながらも、自らの運命と真摯に向き合うひとりの少女の姿を描いたオリエンタルファンタジー。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「七姫物語 東和国秘抄 ~四季姫語り、言紡ぎの空~」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読書好きなお友達に、中華風ファンタジーが好きと伝えたらおススメしてくれた本!10年以上前の作品ですが、読者の支持による新装版とのこと。初読みです。新刊。名もない12歳の少女が突如見出されお姫様に…とい 読書好きなお友達に、中華風ファンタジーが好きと伝えたらおススメしてくれた本!10年以上前の作品ですが、読者の支持による新装版とのこと。初読みです。新刊。名もない12歳の少女が突如見出されお姫様に…というシンデレラストーリー?ですが、こういう感じのは初めて。違う人物視点で読めばいくらでもダークな感じになりそうな展開なのに、ずーっと透明感がある感じ…文章がさらさらキラキラ綺麗なんですよね。え、姫の成り立ちそれで良いの?と思ったけど、軽く読み返してみたら、あ、それでいいのか、みたいな。笑 続刊も追いかけたい。 …続きを読む
    あきか
    2019年02月16日
    55人がナイス!しています
  • 七つの都市が先王の隠し子と呼ばれる姫君を擁立し、国家統一を目指して割拠する大陸の片隅で、テン・フオウ将軍とその軍師トエル・タウに担ぎ出された少女カラスミが七宮カセンの姫として自らの運命に向き合うオリエ 七つの都市が先王の隠し子と呼ばれる姫君を擁立し、国家統一を目指して割拠する大陸の片隅で、テン・フオウ将軍とその軍師トエル・タウに担ぎ出された少女カラスミが七宮カセンの姫として自らの運命に向き合うオリエンタルファンタジー。七宮の姫としてトエとテンの側にいられる幸せを噛みしめるカラスミと、そんな日々を脅かす三宮・四宮のカセン侵攻。七人の姫たちはそれぞれ背負うものがあって、困難に逃げずに向き合う12歳の少女・カラスミの成長と二人の絆、そして七宮を巡る情勢がこれからどうなってゆくのか、続巻に期待のシリーズですね。 …続きを読む
    よっち
    2019年01月25日
    35人がナイス!しています
  • 電撃文庫版は未読です。天下取りをするから姫にならないかと歌仙の姫、七宮の空澄の名を貰ってから三年が経ったある日、歌仙は鼓から侵攻を受け…と言うお話です。素直に面白かったです。空澄がまだ幼いので出来ない 電撃文庫版は未読です。天下取りをするから姫にならないかと歌仙の姫、七宮の空澄の名を貰ってから三年が経ったある日、歌仙は鼓から侵攻を受け…と言うお話です。素直に面白かったです。空澄がまだ幼いので出来ない事が多いのは仕方無いにしても、それでも自身でどう行動しようとか常に思考しているのは良かったですし、偶に弱い所も出るけれども七宮としてテンやタウと共に生きる覚悟は出来ていると言う姿勢が読み取れて良かったな、と思いました。今巻で四宮の琥珀姫を退けた三人ですが、次巻はどんな話になるのか楽しみです。 …続きを読む
    まるぼろ
    2019年02月21日
    19人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品