試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784043808014

水の繭

  • 著者 大島 真寿美
  • デザイン 鈴木成一デザイン室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784043808014

そっとその場にたたずんで、優しく包み込んでほしい、繊細で透明な物語

母と兄、そして父も、私をおいていなくなった。ひとりぼっちのとうこのもとに転がりこんできた従妹。別居する兄は不安定な母のため、時々とうこになりかわっていた。喪失を抱えながら立ちあがる少女の物語。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「水の繭」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 久々で大島真寿美さんの作品読みました。両親の離婚でお母さんと双子の兄がいなくなり、お父さんまで亡くなってしまった、とうこ。そのまま時間が止まってしまい、抜け殻のようになる。従姉妹の瑠璃の存在に救われる 久々で大島真寿美さんの作品読みました。両親の離婚でお母さんと双子の兄がいなくなり、お父さんまで亡くなってしまった、とうこ。そのまま時間が止まってしまい、抜け殻のようになる。従姉妹の瑠璃の存在に救われる。他の登場人物もそれぞれに抱えている。瑠璃が教えてくれた、とうこのお父さんの語った言葉が強く、とても温かい*瑠璃の素直な気持ちにも涙。大島さんの静かで透明感のある文章が心に沁み渡るよう。大切な人を失った喪失感は消えないけれど、少しずつ前に進むことはできる。角田光代さんの解説も素敵。優しく穏やかな再生の物語* …続きを読む
    ❁かな❁
    2017年06月10日
    148人がナイス!しています
  • むかしむかしあるところに、私たちが家族だった頃がある…。両親の離婚で母と兄がいなくなり、そして父も亡くなり、大学生のとうこはひとりぼっちに。家出を繰り返しては転がり込んでくる従兄弟の瑠璃がいなかったら むかしむかしあるところに、私たちが家族だった頃がある…。両親の離婚で母と兄がいなくなり、そして父も亡くなり、大学生のとうこはひとりぼっちに。家出を繰り返しては転がり込んでくる従兄弟の瑠璃がいなかったら、とうこは抜け殻のままだったかもしれない。宇宙の捨て子、そんなふうに思うほどに。瑠璃の言った、「絶対楽しいなんてむちゃを言ったらそりゃだめだよ。ちょっとでも楽しいっていうのを、いちいち確かめるんだよ。相対的ってそういうことでしょ?」そうやって、どうにかやってきた瑠璃の強さに救われる。でも後半不思議すぎたかな。 …続きを読む
    なゆ
    2016年03月03日
    62人がナイス!しています
  • 喪失と再生を透明感のある文章で描いた作品。心に空洞を抱えた人たちを静かに包み込むような感じで描かれていて、どこか実態のないふわふわした印象を受けた。 喪失と再生を透明感のある文章で描いた作品。心に空洞を抱えた人たちを静かに包み込むような感じで描かれていて、どこか実態のないふわふわした印象を受けた。
    うさうさ
    2015年09月06日
    24人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品