合意情死 がふいしんぢゆう

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年09月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784043596058

合意情死 がふいしんぢゆう

  • 著者 岩井 志麻子
  • デザイン 片岡 忠彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年09月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784043596058

あなたの周りにもきっといる――。小市民のおぞましさと滑稽を描く好短編集

片田舎のせせこましい職場で小さな権力をふりかざす小役人、目立った容貌もなく、地味なのにどこか鬱陶しい女など、思惑と欲望が複雑に絡み合う小市民たちの葛藤を、滑稽と恐怖のなかに描いた好短編集。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「合意情死 がふいしんぢゆう」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 昭和初期設定の短編集。どの話にも善良で真面目な男と気性が激しく強い女性が出てくる。一番はやはり合意情死かな。まだ心中がそう珍しくなかった頃の話。油絵の具の匂いが漂ってきそう。 昭和初期設定の短編集。どの話にも善良で真面目な男と気性が激しく強い女性が出てくる。一番はやはり合意情死かな。まだ心中がそう珍しくなかった頃の話。油絵の具の匂いが漂ってきそう。
    みかん
    2017年11月10日
    60人がナイス!しています
  • 一作目の新聞記者さんの話が一番好きだ。よんでて楽しく、怖かった 一作目の新聞記者さんの話が一番好きだ。よんでて楽しく、怖かった
    読み人知らず
    2015年09月24日
    5人がナイス!しています
  • いつもの志麻子さんと違って衝撃的な印象を与えるものは無いのですが、兎に角合意情死が物凄く好みでした。相変わらず顔は良い駄目男を書くのが上手いですね、大好きです。壺と筆の淫猥で甘美的な描写がたまりません いつもの志麻子さんと違って衝撃的な印象を与えるものは無いのですが、兎に角合意情死が物凄く好みでした。相変わらず顔は良い駄目男を書くのが上手いですね、大好きです。壺と筆の淫猥で甘美的な描写がたまりません。志麻子さんの作品の中でも一二位を争うくらい好き。自動幻画の退廃的な雰囲気も良かったです。 …続きを読む
    おさむ
    2016年10月12日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品