合意情死 がふいしんぢゆう

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年09月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784043596058

合意情死 がふいしんぢゆう

  • 著者 岩井 志麻子
  • デザイン 片岡 忠彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年09月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784043596058

あなたの周りにもきっといる――。小市民のおぞましさと滑稽を描く好短編集

片田舎のせせこましい職場で小さな権力をふりかざす小役人、目立った容貌もなく、地味なのにどこか鬱陶しい女など、思惑と欲望が複雑に絡み合う小市民たちの葛藤を、滑稽と恐怖のなかに描いた好短編集。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「合意情死 がふいしんぢゆう」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 昭和初期設定の短編集。どの話にも善良で真面目な男と気性が激しく強い女性が出てくる。一番はやはり合意情死かな。まだ心中がそう珍しくなかった頃の話。油絵の具の匂いが漂ってきそう。 昭和初期設定の短編集。どの話にも善良で真面目な男と気性が激しく強い女性が出てくる。一番はやはり合意情死かな。まだ心中がそう珍しくなかった頃の話。油絵の具の匂いが漂ってきそう。
    マンダリン
    2017年11月10日
    61人がナイス!しています
  • ★★★★☆小学校教員、新聞記者、地方小劇団の座長、看守などのどこか小心者で姑息な男たちが、艶めかしい女たちに翻弄される5編の短編集。近代日本の岡山を舞台にした作品ですが、まさに志麻子センセの「ぼっけえ ★★★★☆小学校教員、新聞記者、地方小劇団の座長、看守などのどこか小心者で姑息な男たちが、艶めかしい女たちに翻弄される5編の短編集。近代日本の岡山を舞台にした作品ですが、まさに志麻子センセの「ぼっけえ、きょうてえ」に近い暗澹とした世界観で、登場人物たちが語る岡山弁にも何か古めかしさを感じさせます。表向きは平常心を装いながら心の中は欲望に満ち溢れていたり、嫉妬だらけの男心が一番のホラーかもしれません。淫猥なタッチの表現力は志麻子センセのすごさです。お気に入りは物騒なタイトル名がついている表題作「合意情死」。 …続きを読む
    えっくん
    2020年03月25日
    34人がナイス!しています
  • 一作目の新聞記者さんの話が一番好きだ。よんでて楽しく、怖かった 一作目の新聞記者さんの話が一番好きだ。よんでて楽しく、怖かった
    読み人知らず
    2015年09月24日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品