ぼっけえ、きょうてえ

第6回 日本ホラー小説大賞 /2000年 第13回 山本周五郎賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2002年07月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
226
ISBN:
9784043596010

第6回 日本ホラー小説大賞 /2000年 第13回 山本周五郎賞

ぼっけえ、きょうてえ

  • 著者 岩井 志麻子
  • カバーイラスト 甲斐庄 楠音
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2002年07月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
226
ISBN:
9784043596010

日本ホラー小説大賞、山本周五郎賞受賞作、待望の文庫化!

岡山の遊郭で醜い女郎が客に自分の身の上を語り始める。間引き専業の産婆を母にもち、生まれた時から赤ん坊を殺す手伝いをしていた彼女の人生は、血と汚辱にまみれた地獄道だった……。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ぼっけえ、きょうてえ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ずっと気になりながらも、怖そうで手に取れなかった本。やっぱり“ぼっけぇ、きょうてぇ!”(めちゃ怖い)収録4篇とも、明治頃の岡山を舞台とした土臭い話。貧しさにがんじがらめになって、抗うことも諦めた人々。 ずっと気になりながらも、怖そうで手に取れなかった本。やっぱり“ぼっけぇ、きょうてぇ!”(めちゃ怖い)収録4篇とも、明治頃の岡山を舞台とした土臭い話。貧しさにがんじがらめになって、抗うことも諦めた人々。生きていくのに精一杯で、思いやりなんてものの入り込む隙間はない。生きるも地獄、死んでも多分地獄へ行くだろうという救いのなさに戦慄する。 …続きを読む
    mocha
    2017年08月29日
    121人がナイス!しています
  • 傑作ホラー短編集。どの短編も恐ろしくて、やり切れない思いが澱のように心に残る。岡山の方言が効果的に使われていて、恐ろしい話しながらどこか懐かしい気がした。なんといっても表題作が傑作。45ページほどの短 傑作ホラー短編集。どの短編も恐ろしくて、やり切れない思いが澱のように心に残る。岡山の方言が効果的に使われていて、恐ろしい話しながらどこか懐かしい気がした。なんといっても表題作が傑作。45ページほどの短編なのに、分厚い長編を読んだ衝撃がある。「ぼっけえ、きょうてえ」は岡山の方言で「とても、怖い」という意味。遊女が自分の悲惨な身の上を寝物語に語っていく。貧しさのために彼女は人間らしい暮らしができなかった。結末で明らかになる遊女の秘密は身震いするほど恐ろしく、切なかった。 …続きを読む
    新地学@児童書病発動中
    2018年06月09日
    119人がナイス!しています
  • ★★★☆☆ 再読。「ぼっけえ、きょうてえ」女郎が語る寝物語。生命の尊厳や情愛の光の差し込まぬ地獄。姿形よりも心の形がどこか決定的に捩くれてしまったものが、じわじわと浮かび上がってくる。 「あまぞわい」 ★★★☆☆ 再読。「ぼっけえ、きょうてえ」女郎が語る寝物語。生命の尊厳や情愛の光の差し込まぬ地獄。姿形よりも心の形がどこか決定的に捩くれてしまったものが、じわじわと浮かび上がってくる。 「あまぞわい」激しく波の打ち付ける岩礁。そこに繋がれた亡霊は夫に尽くして死んだ海女か、手籠めにされた挙句殺された尼か。いずれにしても男に食い物にされて報われない…。 郷愁を掻き立てる\古き良き日本の原風景\が内包していたかもしれない、じめっとした恐怖。昔も良いことばかりでは無かったのね。ほんときょうてえ…(◞‸◟) …続きを読む
    bookkeeper
    2019年05月18日
    116人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品