試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1972年01月12日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
512
ISBN:
9784044024086

源氏物語(8)

  • 訳注 玉上 琢弥
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1972年01月12日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
512
ISBN:
9784044024086

一一世紀初頭に世界文学史上の奇跡として生まれ、後世の文化全般に大きな影響を与えた一大長編。寵愛の皇子でありながら、臣下となった光源氏の栄光と苦悩の晩年、その子・薫の世代の物語に分けられる。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「源氏物語(8)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 総角、長っ!読むのにパワー要りました。大君がかわいそうですが、宮家の姫独特の頑固な高貴さに薫は気後れしたのかも。匂宮のチャラさには笑ってしまうが、じっとりした薫がどうしても苦手だ…。次の巻はいよいよ浮 総角、長っ!読むのにパワー要りました。大君がかわいそうですが、宮家の姫独特の頑固な高貴さに薫は気後れしたのかも。匂宮のチャラさには笑ってしまうが、じっとりした薫がどうしても苦手だ…。次の巻はいよいよ浮舟さんが出てきますね。楽しみです。 …続きを読む
    ユミ
    2014年12月08日
    2人がナイス!しています
  • 大君の強情さと薫のしつこさ…どっちもどっちって感じでした。 大君の強情さと薫のしつこさ…どっちもどっちって感じでした。
    popon
    2011年08月11日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品