試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1972年01月12日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
512
ISBN:
9784044024086

源氏物語(8)

  • 訳注 玉上 琢弥
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1972年01月12日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
512
ISBN:
9784044024086

一一世紀初頭に世界文学史上の奇跡として生まれ、後世の文化全般に大きな影響を与えた一大長編。寵愛の皇子でありながら、臣下となった光源氏の栄光と苦悩の晩年、その子・薫の世代の物語に分けられる。

メディアミックス情報

NEWS

「源氏物語(8)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • いよいよ最終部に突入、薫&匂宮の新世代の紹介等を兼ねた三帖に続いて宇治十帖が幕を開ける。光源氏の死後、彼が最高の男だったという基調を崩すことなく、薫と匂宮という新世代の二人の対照的な主役を造形した紫式 いよいよ最終部に突入、薫&匂宮の新世代の紹介等を兼ねた三帖に続いて宇治十帖が幕を開ける。光源氏の死後、彼が最高の男だったという基調を崩すことなく、薫と匂宮という新世代の二人の対照的な主役を造形した紫式部のセンスがあり得ないくらい凄い。そんな二人と宇治に隠棲していた姉妹が出逢うことで起こるドラマ(悲劇と言うべきだろうけど)、見染めたのがこの(ある意味ヘタレな)二人ではなく光源氏だったら決してこんな展開にはならなかっただろうと歯痒くなるような構成がもはやオーパーツ状態。本当にこの時代の人だったのか?紫式部。 …続きを読む
    Galois Noir
    2021年01月25日
    16人がナイス!しています
  • 総角、長っ!読むのにパワー要りました。大君がかわいそうですが、宮家の姫独特の頑固な高貴さに薫は気後れしたのかも。匂宮のチャラさには笑ってしまうが、じっとりした薫がどうしても苦手だ…。次の巻はいよいよ浮 総角、長っ!読むのにパワー要りました。大君がかわいそうですが、宮家の姫独特の頑固な高貴さに薫は気後れしたのかも。匂宮のチャラさには笑ってしまうが、じっとりした薫がどうしても苦手だ…。次の巻はいよいよ浮舟さんが出てきますね。楽しみです。 …続きを読む
    ユミ
    2014年12月08日
    2人がナイス!しています
  • 大君の強情さと薫のしつこさ…どっちもどっちって感じでした。 大君の強情さと薫のしつこさ…どっちもどっちって感じでした。
    popon
    2011年08月11日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品