試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1964年05月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784044024017

源氏物語(1) 付現代語訳

  • 訳注 玉上 琢弥
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1964年05月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784044024017

一一世紀初頭に世界文学史上の奇跡として生まれ、後世の文化全般に大きな影響を与えた一大長編。寵愛の皇子でありながら、臣下となった光源氏の栄光と苦悩の晩年、その子・薫の世代の物語に分けられる。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「源氏物語(1) 付現代語訳」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 予想以上の手強さで苦労して読み終えた。瀬戸内源氏の楽しみを味わった者からすれば、同じ物語を読んでいるとは思えないこともある。原文に触れること、作家以外が書いた源氏物語を読むことが瀬戸内源氏を読んでから 予想以上の手強さで苦労して読み終えた。瀬戸内源氏の楽しみを味わった者からすれば、同じ物語を読んでいるとは思えないこともある。原文に触れること、作家以外が書いた源氏物語を読むことが瀬戸内源氏を読んでからの想いだった。手軽に楽しく読めることはとってもいいこと。ただ、これで本当に源氏物語を読んだと言えるのか、ずっと気になっていたところ、原文に触れることの楽しさを書いた文に出会い思いきれることができた。まだまだだけど、美しい言葉だなぁ、と感じることしきり。少しずつでも読み進めようと思えた。まだ若紫。先は長い。 …続きを読む
    mt
    2015年09月29日
    26人がナイス!しています
  • 源氏物語を初めて通読したのは本書の現代語訳。後に読んだ田辺聖子訳、林望訳に比べると古典の授業に出てくる現代語訳に近い感覚で原文に忠実な反面、小説としての読みやすさには難があるというのが個人的な感想。今 源氏物語を初めて通読したのは本書の現代語訳。後に読んだ田辺聖子訳、林望訳に比べると古典の授業に出てくる現代語訳に近い感覚で原文に忠実な反面、小説としての読みやすさには難があるというのが個人的な感想。今回は原文サイドで再読開始。「大まかな登場人物、ストーリーは頭の中に入っている」「6割くらい意味が掴めれば細部は気にしない」という指針に基づいてトライアルしたところ、存外にサクサクと面白くて読める。翻訳者の解釈の入り込まないピュアな源氏物語を堪能できる心のゆとりを残しながらこの状況を乗り切ろう。 …続きを読む
    Galois Noir
    2020年04月23日
    12人がナイス!しています
  • 『源氏物語』に親み五十五年になるが、原典のすべてを一度期で通読した覚えがない。摘み食いして一通りを読んでいるもののそれは一度期に読む感動には及ばないのでないだろうか。10年ほど前に大塚ひかりによる全六 『源氏物語』に親み五十五年になるが、原典のすべてを一度期で通読した覚えがない。摘み食いして一通りを読んでいるもののそれは一度期に読む感動には及ばないのでないだろうか。10年ほど前に大塚ひかりによる全六巻の今様本を一気に読んだが、そのとき初めて『源氏物語』の面白さを身に感じたものである。この感動をいつか原点で味わいたいと思いながらも歳月を経、余命も少なくなった現実に気づき唖然としたのが先日だった。焦るような思いで本書を手に取ったが、今更ながら日本語の風格に耽溺する己に気づく。 …続きを読む
    しんすけ
    2016年06月17日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品