試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1965年01月28日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784044024024

源氏物語(2) 付現代語訳

  • 訳注 玉上 琢弥
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1965年01月28日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784044024024

一一世紀初頭に世界文学史上の奇跡として生まれ、後世の文化全般に大きな影響を与えた一大長編。寵愛の皇子でありながら、臣下となった光源氏の栄光と苦悩の晩年、その子・薫の世代の物語に分けられる。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「源氏物語(2) 付現代語訳」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 源氏物語の中でもとくに興味を惹かれる段、「葵」と「賢木」が含まれる。六条御息所と葵の口に出さぬ葛藤が面白い。また源氏と藤壺の関係があからさまなのも興味が惹かれる。今の時代に、天皇の息子がプレイボーイで 源氏物語の中でもとくに興味を惹かれる段、「葵」と「賢木」が含まれる。六条御息所と葵の口に出さぬ葛藤が面白い。また源氏と藤壺の関係があからさまなのも興味が惹かれる。今の時代に、天皇の息子がプレイボーイで義母まで犯すなんて物語を書いたらブーイングものだと思うのだが、『源氏物語』とはそのような物語である。当時の読者層の大半が宮中の女たちだったから身内のゴシップとして笑って済ませたのだろうか。 …続きを読む
    しんすけ
    2016年08月07日
    2人がナイス!しています
  • 原文はやはり難しいし古語辞典を引き引き読みましたが達成感がありました(まだ先は長いですが)。現代語訳をすぐ参照出来るので便利。「末摘花」「紅葉賀」のコミカルな展開が好きです。特に「紅葉賀」で源氏と戯れ 原文はやはり難しいし古語辞典を引き引き読みましたが達成感がありました(まだ先は長いですが)。現代語訳をすぐ参照出来るので便利。「末摘花」「紅葉賀」のコミカルな展開が好きです。特に「紅葉賀」で源氏と戯れる頭中将に萌えました。まだ先ですが「夕霧」の雲居雁と夕霧のやり取りや髭黒大将と北の方のやり取りなど、紫式部先生はコメディセンス抜群だと思う。 …続きを読む
    ユミ
    2013年04月22日
    1人がナイス!しています
  • 現代語訳の方を読み、ときどき原典&脚注に触れる安易な読み方で読了。光の藤壺や紫の上への執着は、今ならさしずめ幼児期の母子関係や愛着問題にひきつけていろいろ解釈できそうである。さらにいえば、絵に描いたよ 現代語訳の方を読み、ときどき原典&脚注に触れる安易な読み方で読了。光の藤壺や紫の上への執着は、今ならさしずめ幼児期の母子関係や愛着問題にひきつけていろいろ解釈できそうである。さらにいえば、絵に描いたような典型的な事例にも見え、紫式部自身の生い立ちさえ考えられてしまう。面白い。現代語訳で読むかぎり、絶対的な階層社会等の文化的背景をそぎとると、人間心理や行動は古くさく感じられず、テレビドラマのようである。男女関係が(限定的ながら)きわめて自由で衝動的だからだろうか。 …続きを読む
    るうるう
    2012年05月29日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品