試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1968年12月19日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784044024048

源氏物語(4)

  • 訳注 玉上 琢弥
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1968年12月19日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784044024048

一一世紀初頭に世界文学史上の奇跡として生まれ、後世の文化全般に大きな影響を与えた一大長編。寵愛の皇子でありながら、臣下となった光源氏の栄光と苦悩の晩年、その子・薫の世代の物語に分けられる。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「源氏物語(4)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 本巻から玉鬘十帖に突入。かの夕顔の遺児である玉鬘は容姿は母並、聡明さは母以上というスペックの高さで、貴公子達の入れ食い状態を楽しむ光源氏の悪趣味さが際立つ。そして何より痛快なのは光源氏の魅力に屈し切ら 本巻から玉鬘十帖に突入。かの夕顔の遺児である玉鬘は容姿は母並、聡明さは母以上というスペックの高さで、貴公子達の入れ食い状態を楽しむ光源氏の悪趣味さが際立つ。そして何より痛快なのは光源氏の魅力に屈し切らない芯の強さ。そもそも色恋に興味のない朝顔とは異次元の本物の源氏キラー。しかし、柏木が本当に不憫だ。作中の貴公子の中で最も不憫なキャラではなかろうか。 …続きを読む
    Galois Noir
    2020年05月15日
    10人がナイス!しています
  • 源氏がガチ変態でビックリします。玉鬘かわいそうに…。でも私は玉鬘の魅力がピンと来ない。玉鬘十帖は華やかだけれど読むのしんどい帖だったりもする。原文はしばらく読まないと理解するのに時間がかかるが、こつこ 源氏がガチ変態でビックリします。玉鬘かわいそうに…。でも私は玉鬘の魅力がピンと来ない。玉鬘十帖は華やかだけれど読むのしんどい帖だったりもする。原文はしばらく読まないと理解するのに時間がかかるが、こつこつ毎日読めば何となく身体に入ってくるから不思議(もちろん註釈ありきですが)。 …続きを読む
    ユミ
    2013年10月07日
    3人がナイス!しています
  • 源氏が飲み屋のしつこいおっさんで若い子(玉鬘)に絡んでるように思えて仕方なかった…。飛ばし読みしたせいで、紫の上に大人の余裕や貫禄がついててびっくりした。 源氏が飲み屋のしつこいおっさんで若い子(玉鬘)に絡んでるように思えて仕方なかった…。飛ばし読みしたせいで、紫の上に大人の余裕や貫禄がついててびっくりした。
    popon
    2011年08月31日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品