試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1966年02月11日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784044024031

源氏物語(3) 付現代語訳

  • 訳注 玉上 琢弥
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1966年02月11日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784044024031

一一世紀初頭に世界文学史上の奇跡として生まれ、後世の文化全般に大きな影響を与えた一大長編。寵愛の皇子でありながら、臣下となった光源氏の栄光と苦悩の晩年、その子・薫の世代の物語に分けられる。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「源氏物語(3) 付現代語訳」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 三巻は松風の帖まで。明石の姫君の育ての親になってくれまいか、と紫の上にお願いするところまで。昼ドラでもあり得ないようなドロドロの展開ですよね、客観的に情景を想起しながら現代感覚を当てはめてしまうと。初 三巻は松風の帖まで。明石の姫君の育ての親になってくれまいか、と紫の上にお願いするところまで。昼ドラでもあり得ないようなドロドロの展開ですよね、客観的に情景を想起しながら現代感覚を当てはめてしまうと。初めて通読した時は「源氏物語を通読すること」が目的と化してしまっていたが、再読以降は純粋に「源氏物語という小説を楽しむ」ことが目当てとなっており、その目的に適うほど現代に通用する小説だという頭になってくる。そのうち子供の古文で源氏物語が出ようものならかなり発奮してしまいそう。 …続きを読む
    Galois Noir
    2020年05月05日
    11人がナイス!しています
  • 「須磨がえり」なんて言葉があるほどこのへんで挫折する人が多いらしい須磨の巻から。都落ちする源氏が女達と延々嘆き合うのは確かにイラッとしますかね。後半は有力ヒロインの明石の君も登場して面白くなってくる。 「須磨がえり」なんて言葉があるほどこのへんで挫折する人が多いらしい須磨の巻から。都落ちする源氏が女達と延々嘆き合うのは確かにイラッとしますかね。後半は有力ヒロインの明石の君も登場して面白くなってくる。若紫の巻で、紫が登場するより先に明石の伏線を入れてくるあたり紫式部は演出上手だと思う。 3巻目にもなるといちいち巻末訳を確認しなくても下注だけでだいたい読めるようになって来た。巻末の現代語訳は学術的すぎるのでむしろ本文の方が意味は取りやすかったり。 …続きを読む
    tokijiku
    2013年11月11日
    1人がナイス!しています
  • 「松風」より「夜一夜、よろづに契り語らひ明かし給ふ」の訳が「(源氏と明石は)一晩中いろいろと将来のお約束をなさってお明かしになる」とあったのですが、この「契り」をどう解釈するか格本の訳で違いますねー。 「松風」より「夜一夜、よろづに契り語らひ明かし給ふ」の訳が「(源氏と明石は)一晩中いろいろと将来のお約束をなさってお明かしになる」とあったのですが、この「契り」をどう解釈するか格本の訳で違いますねー。小学館の全集と谷崎訳では「源氏と明石はヤッた(超訳すみません…)」になってるんですが。玉上先生がピュアなのか?でも古語辞典を引くと「契り」は「将来の約束」ともあるしどっちなんだろう… …続きを読む
    ユミ
    2013年05月27日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品