試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1970年09月26日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784044024062

源氏物語(6)

  • 校注 玉上 琢弥
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1970年09月26日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784044024062

一一世紀初頭に世界文学史上の奇跡として生まれ、後世の文化全般に大きな影響を与えた一大長編。寵愛の皇子でありながら、臣下となった光源氏の栄光と苦悩の晩年、その子・薫の世代の物語に分けられる。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「源氏物語(6)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • めっちゃエキサイティングでした。原文最高じゃないですか!私が好きな場面は、女三宮と紫の上の間で板挟みになった源氏が朧月夜と密会してしまうところです。なんともリアル。しかし源氏はしょうもない中年男になっ めっちゃエキサイティングでした。原文最高じゃないですか!私が好きな場面は、女三宮と紫の上の間で板挟みになった源氏が朧月夜と密会してしまうところです。なんともリアル。しかし源氏はしょうもない中年男になってからのほうが私は憎めない。付き合いたくはないですが…。次は「柏木」「夕霧」と波乱の展開が待ち受けています。登場人物が壊れてゆく様を見守るのが第二部の醍醐味ですね。気長にぼちぼち読みたいです。 …続きを読む
    ユミ
    2014年06月04日
    8人がナイス!しています
  • 底本は青表紙本系統の明融本。 底本は青表紙本系統の明融本。
    そーだ
    2011年08月21日
    0人がナイス!しています
  • なんか…さすがに飽きてきたかも…。大事件が起きてもその事に対する描写がなんだか薄くて、へーで終わってしまう…。そんなおもしろいかこれ。卒論の題材にしたのは私ですけどね、ええ。 なんか…さすがに飽きてきたかも…。大事件が起きてもその事に対する描写がなんだか薄くて、へーで終わってしまう…。そんなおもしろいかこれ。卒論の題材にしたのは私ですけどね、ええ。
    popon
    2011年09月10日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品