覆面作家の愛の歌

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1998年05月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784043432028

覆面作家の愛の歌

  • 著者 北村 薫
  • デザイン 小倉 敏夫
  • カバーイラスト 高野 文子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1998年05月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784043432028

天国的美貌の新人推理作家の正体は大富豪の御令嬢。しかも彼女は、現実の事件までも鮮やかに解き明かすもう一つの顔を持っていた。春、梅雨、新年……三つの季節の三つの事件に挑む、お嬢様探偵の名推理。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「覆面作家の愛の歌」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • お嬢様の鋭すぎる謎解きもいいんですが、個性的キャラの脇役やお嬢様とリョースケの恋の行方が気にかかるシリーズですねぇ(笑) その意味では、卑怯者と言われても 「でかしたぞ リョースケ!!」 (^_^)v お嬢様の鋭すぎる謎解きもいいんですが、個性的キャラの脇役やお嬢様とリョースケの恋の行方が気にかかるシリーズですねぇ(笑) その意味では、卑怯者と言われても 「でかしたぞ リョースケ!!」 (^_^)v …続きを読む
    射手座の天使あきちゃん
    2011年08月05日
    99人がナイス!しています
  • 覆面作家その2。ライバル社の担当者が初登場ながら活躍する。愛の歌のトリックがイマイチ理解できなかったが話は一番面白かった。二重人格の設定が薄れてきてるような気がする。 覆面作家その2。ライバル社の担当者が初登場ながら活躍する。愛の歌のトリックがイマイチ理解できなかったが話は一番面白かった。二重人格の設定が薄れてきてるような気がする。
    ダイ@2019.11.2~一時休止
    2014年07月18日
    83人がナイス!しています
  • シリアスな事件に対して、探偵役の千秋さんの愛らしさが上手くバランスを取っていると思う。リョースケでなくとも「可愛い」という言葉を贈りたくなる。千秋さんは、本は皆長方形だと言った。どんな時も本が支えとな シリアスな事件に対して、探偵役の千秋さんの愛らしさが上手くバランスを取っていると思う。リョースケでなくとも「可愛い」という言葉を贈りたくなる。千秋さんは、本は皆長方形だと言った。どんな時も本が支えとなるのは、いつでも変わらないその形が心を落ち着かせてくれるからだろうか。「本を手にしたら、いつだってあの人に会える」千秋さんはこの言葉を本は海を越えるという意味で発したけれど、本は時も越える。この本の初版時、私はまだ小学生にもなっていなかった。こうして千秋さんとリョースケに会えること、解説も読むとなお感慨深い。 …続きを読む
    ユメ
    2015年07月29日
    81人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品