仏教の思想 9 生命の海<空海>

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1996年06月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041985090

仏教の思想 9 生命の海<空海>

  • 著者 梅原 猛
  • 著者 宮坂 宥勝
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1996年06月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041985090

「弘法さん」「お大師さん」と愛称され、親しまれる弘法大師、空海。生命を力強く肯定した日本を代表する宗教家の生涯と思想を見直し、真言密教の「生命の思想」「森の思想」「曼荼羅の思想」の真価を現代に問う。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「仏教の思想 9 生命の海<空海>」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ダイナミックに展開する顕教(大乗)の傍で、密教も秘密の教え(真言)を伝えることを旨としてインドで生まれ、中国を経て日本に辿り着く。異なる文字を媒介に大陸を渡る仏教は、仏陀の言葉も象徴として捉える解釈学 ダイナミックに展開する顕教(大乗)の傍で、密教も秘密の教え(真言)を伝えることを旨としてインドで生まれ、中国を経て日本に辿り着く。異なる文字を媒介に大陸を渡る仏教は、仏陀の言葉も象徴として捉える解釈学的な密教を生み、その向こうにある曼荼羅宇宙を構想する。本書は文字から発想する空海の特質を語り、曼荼羅の中心に据えた大日如来をミトラ教等の民族宗教の太陽神中心の宇宙観と比較する。その中で著者達は空海の思想に死の宗教である仏教を生へと転回させる華厳的面を取り出し、「即身成仏」に向けた修行の修験的土着性に注目する。 …続きを読む
    roughfractus02
    2021年05月02日
    6人がナイス!しています
  • 鎌倉仏教と比べ、特に密教は廃仏毀釈、神仏分離で打撃を受け衰退した。現在の密教再認識のきっかけとなった梅原学における空海論を読んだ。第1部宮坂氏の密教思想一般の解説、第2部梅原・宮坂対談、第3部密教につ 鎌倉仏教と比べ、特に密教は廃仏毀釈、神仏分離で打撃を受け衰退した。現在の密教再認識のきっかけとなった梅原学における空海論を読んだ。第1部宮坂氏の密教思想一般の解説、第2部梅原・宮坂対談、第3部密教について梅原論となっている。近代以降その”偉大な矛盾=万能さ”から知識人から誤解を受けてきた。釈迦仏教の”死の哲学”から密教は”生の哲学”へ展開し空海は理論、体系化した。密教は「世界は全てを認識し尽くせないもの」と捉え、この深い謎への畏敬と同時にこの謎に挑戦する人間の知に対して肯定するものとしている。【家】★★★ …続きを読む
    ハヤカワショボ夫
    2015年09月04日
    1人がナイス!しています
  • 「この煩悩の世界に永遠のイエスを言え。」の一句に痺れた。梅原猛先生はもちろん優れた学者であり思想家なのだろうが、それ以上に一級の文章家だと思う。最澄と泰範をめぐるエピソードはその筋の人(げんしけんの歴 「この煩悩の世界に永遠のイエスを言え。」の一句に痺れた。梅原猛先生はもちろん優れた学者であり思想家なのだろうが、それ以上に一級の文章家だと思う。最澄と泰範をめぐるエピソードはその筋の人(げんしけんの歴女の子とか)にはたまらんものがありそう。 …続きを読む
    sikamo
    2015年05月30日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品