トロッコ・一塊の土

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1969年08月02日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041033074

トロッコ・一塊の土

  • 著者 芥川 龍之介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1969年08月02日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041033074

少年の一体験を描き、人生の哀感を漂わせた「トロッコ」、夫を亡くした後も姑と暮らす農婦を描く「一塊の土」。表題作の他、「六の宮の姫君」「おぎん」「白」など、大正11、12年の作品から計21編を収録。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「トロッコ・一塊の土」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ☆☆☆☆ やはり「トロッコ」は名作。語り手の立場を変えて物語を進める「報恩記」は芥川らしい手法。飄々とした趣の「仙人」。深い寂量感が漂う「六の宮の姫君」。教訓話として簡潔で面白い「三つの宝」。父が売り ☆☆☆☆ やはり「トロッコ」は名作。語り手の立場を変えて物語を進める「報恩記」は芥川らしい手法。飄々とした趣の「仙人」。深い寂量感が漂う「六の宮の姫君」。教訓話として簡潔で面白い「三つの宝」。父が売りに出す雛を並べて眺めているラストが印象深い「雛」。一篇のコメディのようでいてラストに母の強さを見る「あばばばば」。芥川の作風の転機と言われる「一塊の土」。味わい深い短編が多かった。 …続きを読む
    メタボン
    2016年09月01日
    31人がナイス!しています
  • 短い話が多かったけれど、どれも面白かった。猿蟹合戦を読むと私達も大抵蟹なのかな、と思ってしまった。 短い話が多かったけれど、どれも面白かった。猿蟹合戦を読むと私達も大抵蟹なのかな、と思ってしまった。
    奥村
    2016年09月02日
    2人がナイス!しています
  • 王朝物から人間の心理をうまくついた作品や、私小説的なものまでバラエティに富んだ一冊だった。 王朝物から人間の心理をうまくついた作品や、私小説的なものまでバラエティに富んだ一冊だった。
    かず
    2010年04月18日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品