羅生門・鼻・芋粥

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年06月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041033159

羅生門・鼻・芋粥

  • 著者 芥川 龍之介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年06月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041033159

珠玉と呼ぶにふさわしい極上短編が、こんなに読みやすくなりました。

荒廃した平安京の羅生門で、死人の髪の毛を抜く老婆の姿に、下人は自分の生き延びる道を見つける。表題作「羅生門」をはじめ、初期の作品を中心に計18編。芥川文学の原点を示す、繊細で濃密な短編集。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「羅生門・鼻・芋粥」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 2016年529冊め。他文庫で再読の短編もあるが、大部分が初読。『日光小品』がなんだか気になる。三好行雄氏の解説もよかった。早熟な天才は幸せというより辛い印象が強い。 2016年529冊め。他文庫で再読の短編もあるが、大部分が初読。『日光小品』がなんだか気になる。三好行雄氏の解説もよかった。早熟な天才は幸せというより辛い印象が強い。
    扉のこちら側
    2016年07月09日
    109人がナイス!しています
  • 本来なら新潮文庫で揃えているのですが文ストカバーなので購入。初期の作品を中心に18編収録。表題作の「羅生門」「鼻」「芋粥」などは学校の教科書でもお馴染み。久し振りに読んで懐かしく思いました。人の心の動 本来なら新潮文庫で揃えているのですが文ストカバーなので購入。初期の作品を中心に18編収録。表題作の「羅生門」「鼻」「芋粥」などは学校の教科書でもお馴染み。久し振りに読んで懐かしく思いました。人の心の動きやその有り様を繊細かつ鋭利に描写する芥川の筆は流石です。私が殊に感心するのは、言葉少なに簡潔に、だけれども的確に表現する文章力。しかもそれは浅からず、豊かに末広がるような深みすら感じます。言葉の贅を尽くした構築美的な文章も楽しいですが、芥川のような無駄の無い文章も素敵。シンプルな美しさとはこの事だなと実感。 …続きを読む
    蓮子
    2018年04月11日
    107人がナイス!しています
  • 芥川の初期作品を中心におさめているのですね。人間の孤独と侘しさを描ききり、美しさを感じさせます。読んだこともある作品もありますし、読んでない作品もありました。とはいえ、全ての作品に驚きのような空気を感 芥川の初期作品を中心におさめているのですね。人間の孤独と侘しさを描ききり、美しさを感じさせます。読んだこともある作品もありますし、読んでない作品もありました。とはいえ、全ての作品に驚きのような空気を感じずにはいられませんでした。繊細と濃密の絡み合った世界に酔い仕入れました。 …続きを読む
    優希
    2019年08月18日
    83人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品