或阿呆の一生・侏儒の言葉

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041075876

或阿呆の一生・侏儒の言葉

  • 著者 芥川 龍之介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041075876

芥川が命を絶った昭和2年の作品や評論、遺書「或旧友へ送る手紙」等を収録

時代を先取りした「見えすぎる目」がもたらした悲劇。自らの末期を意識した凄絶な心象が描かれた遺稿「歯車」「或阿呆の一生」、最後の評論「西方の人」、箴言集「侏儒の言葉」ほか最晩年の作品を収録。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「或阿呆の一生・侏儒の言葉」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 芥川龍之介は、その作品が不評だったら自殺しなかったかもしれない。<先生、A先生、――それは僕にはこの頃で最も不快な言葉だった。(『歯車』より)> 龍之介の作品は17歳くらいまでに数編を残して大半を読ん 芥川龍之介は、その作品が不評だったら自殺しなかったかもしれない。<先生、A先生、――それは僕にはこの頃で最も不快な言葉だった。(『歯車』より)> 龍之介の作品は17歳くらいまでに数編を残して大半を読んでしまった。60年前の十代は龍之介の全作品を読むことがステータスだった。 ところが『河童』は面白く読んだものの、『大導寺信輔の半生』を読むのは苦痛だった。そこで龍之介は途絶えてしまった。 だが今は、人間が死を覚悟したときどのような心境に至るのであろうかとの関心が非常に強い。それが本書を紐解いた理由でもある、 …続きを読む
    しんすけ
    2019年05月02日
    10人がナイス!しています
  • …久しぶりに読むと学生の頃に読むとでは違う読後感。果てしもない精神の消耗感に苛まれる。「あらゆる言葉は銭のように必ず両面を具えている。」「人間的な、余りに人間的なものは大抵は確かに動物的である。」など …久しぶりに読むと学生の頃に読むとでは違う読後感。果てしもない精神の消耗感に苛まれる。「あらゆる言葉は銭のように必ず両面を具えている。」「人間的な、余りに人間的なものは大抵は確かに動物的である。」などは印象に残るが、にしても重くて深い。叡智の筆圧に精神がやられる。共感はするけど精神を捻り潰す。畢竟という繋ぎ言葉が多いのは何か理由があるのだろうか?容易に自分語りをするなと現代人に警告しているような鬼人のイメージを筆者にもつ。 …続きを読む
    奇月針
    2019年11月10日
    4人がナイス!しています
  • 遺書や遺稿が多い短篇集。よく分からない話ばっかりだった。 遺書や遺稿が多い短篇集。よく分からない話ばっかりだった。
    西岡剛
    2019年10月12日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品