息が詰まるようなこの場所で

息が詰まるようなこの場所で

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年01月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784047373402

息が詰まるようなこの場所で

  • 著者 外山 薫
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年01月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784047373402

【啓文堂書店 小説大賞2023 第1位!】

タワマン文学の先駆者、窓際三等兵(かもしれない人の)初の書下ろし長編小説!

タワマンには3種類の人間が住んでいる。資産家とサラリーマン、そして地権者だ――。
大手銀行の一般職として働く平田さやかは、念願のタワマンに住みながらも日々ストレスが絶えない。一人息子である充の過酷な受験戦争、同じマンションの最上階に住む医者一族の高杉家、そして総合職としてエリートコースを歩む同僚やPTAの雑務。種々のストレスから逃れたいと思ったとき、向かったのは親友・マミの元だった。かつては港区で一緒に遊び回り、夢を語り合った二人だったが――。
幸せとはなんなのだろう。
逃げ場所などない東京砂漠を生きる人々の焦燥と葛藤!

※紙書籍版カバー裏には、特別短篇「高杉隆の初恋」を収録(電子版には収録されません)。
※電子書籍版巻末には、特別短篇「目黒奈々子の後悔」を収録。
タワマン文学の先駆者、窓際三等兵(かもしれない人の)初の書下ろし長編小説!

タワマンには3種類の人間が住んでいる。資産家とサラリーマン、そして地権者だ――。
大手銀行の一般職として働く平田さやかは、念願のタワマンに住みながらも日々ストレスが絶えない。一人息子である充の過酷な受験戦争、同じマンションの最上階に住む医者一族の高杉家、そして総合職としてエリートコースを歩む同僚やPTAの雑務。種々のストレスから逃れたいと思ったとき、向かったのは親友・マミの元だった。かつては港区で一緒に遊び回り、夢を語り合った二人だったが――。
幸せとはなんなのだろう。
逃げ場所などない東京砂漠を生きる人々の焦燥と葛藤!

※紙書籍版カバー裏には、特別短篇「高杉隆の初恋」を収録(電子版には収録されません)。
※電子書籍版巻末には、特別短篇「目黒奈々子の後悔」を収録。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

プロローグ
第一章 春 平田さやかの憂鬱
第二章 夏 平田健太の焦燥
第三章 秋 高杉綾子の煩悶
第四章 冬 高杉徹の決断
エピローグ

「息が詰まるようなこの場所で」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 憂鬱・・焦燥・・煩悶・・第3章までの二家族3人のタイトルに付く言葉たち。分かるよ~と思いつつ、どんよりと私のなけなしの元気玉が吸い取られそうだった。第4章、決断にホッとしたと言うよりも、爽快な気分を得た 憂鬱・・焦燥・・煩悶・・第3章までの二家族3人のタイトルに付く言葉たち。分かるよ~と思いつつ、どんよりと私のなけなしの元気玉が吸い取られそうだった。第4章、決断にホッとしたと言うよりも、爽快な気分を得たのは私だけじゃ無いだろう。「よく言った!」当たり前の事なんだけど、幾つになっても親子は難しい。PTA会長・綾子の挨拶と、その息子・隆の答辞も好い。私も心からの拍手を送りたい。それにしても何とも言えない最適な表題にナイスを。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2023年08月01日
    168人がナイス!しています
  • タワマンに住む人々の悲喜こもごもというか、タワマンというキーワードの下、色々な家族の在り方が見えるような現代劇でした。マウントの取り合いとか、様々な嫌な話がいっぱいなのかと思えば、割と普通のお話で、色 タワマンに住む人々の悲喜こもごもというか、タワマンというキーワードの下、色々な家族の在り方が見えるような現代劇でした。マウントの取り合いとか、様々な嫌な話がいっぱいなのかと思えば、割と普通のお話で、色々あるようだけど、なんだかんだ出てきた家族は、それなりにみんな幸せなんじゃないかしらと、タイトルの割りに穏やかな内容でした。 …続きを読む
    R
    2023年08月17日
    165人がナイス!しています
  • 初読み作家さんです。タワマンには3種類の人間が住んでいる。資産家とサラリーマン、そして地権者。住む人それぞれの焦燥と葛藤を描いた物語。子どもが同じ学校に通うというだけで付き合いが始まる。もっとドロドロ 初読み作家さんです。タワマンには3種類の人間が住んでいる。資産家とサラリーマン、そして地権者。住む人それぞれの焦燥と葛藤を描いた物語。子どもが同じ学校に通うというだけで付き合いが始まる。もっとドロドロした内容かと思ったがそうではなく日常的に起こる事。「人生の数だけ地獄があり、希望もある。」考えされました。読了後は清々しい気持ちになりました。面白かったです。 …続きを読む
    OSOGON15
    2023年11月03日
    126人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品