君の背中に見た夢は

君の背中に見た夢は

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年01月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784047378193

君の背中に見た夢は

  • 著者 外山 薫
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年01月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784047378193

小学校受験で試されるのは子供ではありません。家族です。

「この子たちに選択肢を与えてあげられるのは世界で一人、私だけだ」 

大手化粧品メーカーで働く新田茜は、ある日従姉妹のさやかの影響で、中学受験回避のための小学校受験に興味を持つように。
テレビ局記者の夫を持ち、世間的にはパワーカップルと呼ばれる茜たちだが、お受験の世界はさらに上の富裕層との戦いだった。
仕事と家庭の両立、協力してくれない夫、かさんでいく教育費、思い通りにならない子供たち。
悩み葛藤しながらも、5歳の娘・結衣を名門小学校に合格させるため、茜はどんどん小学校受験にのめり込んでいく。
その先に見えるものとは――。

東京で過酷なお受験に翻弄される家族の物語!


※紙書籍版カバー裏には、特別短篇「新田茜の子離れ」を収録(電子版には収録されません)。
※電子書籍版巻末には、特別短篇「新田総介の人生」を収録。
「この子たちに選択肢を与えてあげられるのは世界で一人、私だけだ」 

大手化粧品メーカーで働く新田茜は、ある日従姉妹のさやかの影響で、中学受験回避のための小学校受験に興味を持つように。
テレビ局記者の夫を持ち、世間的にはパワーカップルと呼ばれる茜たちだが、お受験の世界はさらに上の富裕層との戦いだった。
仕事と家庭の両立、協力してくれない夫、かさんでいく教育費、思い通りにならない子供たち。
悩み葛藤しながらも、5歳の娘・結衣を名門小学校に合格させるため、茜はどんどん小学校受験にのめり込んでいく。
その先に見えるものとは――。

東京で過酷なお受験に翻弄される家族の物語!


※紙書籍版カバー裏には、特別短篇「新田茜の子離れ」を収録(電子版には収録されません)。
※電子書籍版巻末には、特別短篇「新田総介の人生」を収録。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「君の背中に見た夢は」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 前作『息が詰まるようなこの場所で』が良かったので、新作を楽しみにしていました。今回は小学校受験がテーマ。前作の中学受験以上に未知の世界でした。地方出身で最初は半信半疑だった茜が、娘の結衣の受験にだんだ 前作『息が詰まるようなこの場所で』が良かったので、新作を楽しみにしていました。今回は小学校受験がテーマ。前作の中学受験以上に未知の世界でした。地方出身で最初は半信半疑だった茜が、娘の結衣の受験にだんだんのめり込み、結果に一喜一憂する様子がリアル。でもその内心、親として葛藤する気持ちも理解できて泣けました。ギスギスしがちなテーマながら、前作同様最後は明るい終わり方でホッとしました。 …続きを読む
    2024年03月03日
    53人がナイス!しています
  • ザ・お受験小説。小学校受験に挑む娘と、その母親を中心に描いた家族小説でもある。母親は仕事をバリバリこなしながら二人の子どもの育児と家事に明け暮れる日々。夫は非協力的。そんな状態で、時間とお金と体力を搾 ザ・お受験小説。小学校受験に挑む娘と、その母親を中心に描いた家族小説でもある。母親は仕事をバリバリこなしながら二人の子どもの育児と家事に明け暮れる日々。夫は非協力的。そんな状態で、時間とお金と体力を搾り取られながら、受験の大海原へと進んでいく。片方が必死にオールを漕いでも片方がサボっていればバランスが崩れ、家族もろとも転覆する恐怖。若干六歳にして親の期待に応えようと頑張る娘。ギクシャクしていく家族関係。小学校受験を否定するつもりはないけれど子どもが子どもでいられる間くらいは笑顔で過ごして欲しいと切に願う。 …続きを読む
    よつば🍀
    2024年03月11日
    40人がナイス!しています
  • サイン本で購入。前作『息が詰まるようなこの場所で』で題名だけで泣けた身として、手に取らずにはいられない外山さんの最新作。今作もやはり題名が良い。肝心の内容は前作に比べありきたりな設定でやや残念だけれど サイン本で購入。前作『息が詰まるようなこの場所で』で題名だけで泣けた身として、手に取らずにはいられない外山さんの最新作。今作もやはり題名が良い。肝心の内容は前作に比べありきたりな設定でやや残念だけれど、ズドンときたりイラっとしたり泣けたりと、ヒリヒリしっぱなしで疲れるところは健在でした(誉め言葉です)。色々思うところはあるけれど、小中受験を題材にした小説を読めば読むほど良い面も見えてくる。これはこれでアリかもなぁと思いながら読んだ、特別収録の「新田茜の子離れ」。…やはり私にはついていけない世界のようです。 …続きを読む
    亜希
    2024年03月01日
    26人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品