ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 V 信頼できない語り手

ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 V 信頼できない語り手 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2022年06月10日
商品形態:
電子書籍

ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 V 信頼できない語り手

  • 著者 松岡 圭祐
発売日:
2022年06月10日
商品形態:
電子書籍

読書メーター読みたい本ランキング続々1位(2022年5月時点)の人気シリーズ

日本小説家協会の懇親会会場で起きた大規模火災。小説家をはじめ多くの出版関係者が亡くなった。生存者はわずか2名。現場には放火の痕跡が残されていたため、大御所作家を狙った犯行説が持ち上がる。ネット上では“疑惑の業界人一覧”なるサイトが話題になり、その中には李奈の名前も。放火犯はいるのか? ベストセラー作家・櫻木沙友理と「万能鑑定士Q」莉子の登場で、前代未聞の事件の真相が明らかに……!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 V 信頼できない語り手」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ5作目。日本小説家協会の懇親会会場で火災発生、生存者は2名のみという大惨事。杉浦李奈と櫻木沙友理は、警察を信用できず、独自に事件を調べていくが・・・。万能鑑定士・莉子が登場し、筆跡を鑑定するエ シリーズ5作目。日本小説家協会の懇親会会場で火災発生、生存者は2名のみという大惨事。杉浦李奈と櫻木沙友理は、警察を信用できず、独自に事件を調べていくが・・・。万能鑑定士・莉子が登場し、筆跡を鑑定するエピソードが挿入されている。真犯人は様々なトリックを駆使して警察の捜査を混乱させ翻弄する。古典的な「すり替わり」と「成りすまし」に医師の作為が加わって真相は闇に葬り去られる寸前だったが、李奈の基本に立ち返った推理が事件の真相に迫っていく。多くの作家や編集者が命を落とした出版界の将来が心配になる。続編の展開は? …続きを読む
    藤枝梅安
    2022年07月03日
    81人がナイス!しています
  • シリーズ5作目。松岡圭祐作品のソフト系のシリーズ。ハード系のシリーズだった『高校事変』は後半は他シリーズのヒロインの共演があってテンションアップしましたが、このシリーズでも遂にアノ『Q』の莉子が登場! シリーズ5作目。松岡圭祐作品のソフト系のシリーズ。ハード系のシリーズだった『高校事変』は後半は他シリーズのヒロインの共演があってテンションアップしましたが、このシリーズでも遂にアノ『Q』の莉子が登場!うれしい!また莉子に会えたのには松岡氏に感謝です。本編では日本の著名な作家が多数集まるパーティーで火災。人為的な放火殺人事件で多数の作家が亡くなる。真相解明に乗り出す李奈。でも難航する李奈に援軍として莉子が登場する展開は良かった。小笠原姓になっても円満な家庭を築いてて安心しました。母親の莉子もキレッキレやね。 …続きを読む
    カメ吉
    2022年06月15日
    63人がナイス!しています
  • 「信頼できない語り手」を他人称から見るという構成がかなり新鮮でした。探偵たる立場の人間が叙述トリックを読まされていると考えてみると、なるほどなぁと思うところも随所にあり、久しぶりに推理を楽しめました。 「信頼できない語り手」を他人称から見るという構成がかなり新鮮でした。探偵たる立場の人間が叙述トリックを読まされていると考えてみると、なるほどなぁと思うところも随所にあり、久しぶりに推理を楽しめました。松岡さんの作品では珍しく、下敷きのトリックなんかは理解するのにかなり時間がかかってしまいましたが... それにしても、金銭のために行う犯罪としては、かなり悪質で、規模が大きすぎます。さらに事件の様子が京アニの事件を思い出させます。結構きつく感じる人もいるかもしれません。 …続きを読む
    つっちー
    2022年07月03日
    43人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品