忌木のマジナイ 作家・那々木悠志郎、最初の事件

忌木のマジナイ 作家・那々木悠志郎、最初の事件 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年12月21日
商品形態:
電子書籍

忌木のマジナイ 作家・那々木悠志郎、最初の事件

  • 著者 阿泉 来堂
発売日:
2021年12月21日
商品形態:
電子書籍

第40回横溝正史ミステリ&ホラー大賞読者賞『ナキメサマ』の大型新人!

ホラー作家、那々木悠志郎の担当編集となった久瀬古都美は、彼が初めて体験したという怪異譚を題材にした未発表原稿を読むことに。
そこに書かれていたのは、心霊現象に懐疑的な小学6年生、篠宮悟が、流行りの噂話で語られる『崩れ顔の女』を呼び出してしまうという物語だった。
その顔を見てしまった者は視力を奪われ、精神的に追い詰められた末に自殺してしまうという怪異。その真相を調べにやってきた那々木悠志郎の助けを借りて、悟は調査を進めていく。
一方で、原稿を読み進める古都美のもとにも『崩れ顔の女』が現れる。怪異の目的は何なのか、原稿に登場する怪異が自分のもとにやってくるのは何故なのか。
答えは那々木悠志郎の原稿の中にーー。
彼の物語はここから始まった。
異端のホラー作家、那々木悠志郎の原点が描かれる。シリーズ第三弾!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「忌木のマジナイ 作家・那々木悠志郎、最初の事件」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 自称・日本を代表するホラー作家那々木悠志郎の担当編集者になった久瀬古都美が読み始めた那々木の初期作品の怪異が、現実を侵食してゆく。作中作の主人公・篠宮悟が怪異に相対する毎に、古都美にも降りかかる“崩れ 自称・日本を代表するホラー作家那々木悠志郎の担当編集者になった久瀬古都美が読み始めた那々木の初期作品の怪異が、現実を侵食してゆく。作中作の主人公・篠宮悟が怪異に相対する毎に、古都美にも降りかかる“崩れた顔の女”の怪異。那々木さんの行動範囲が北海道をメインとしていることに今更ながら気づいた(苦笑)そして後半、那々木の作品が現実(の彼の体験)に基づいているという展開が巧い。更に二転三転の驚愕、改めてこの作者さんのエンターテイナーとしての才能に感嘆。でも瞼を引き千切るのはやめて・・・。菜緒ちゃんが不憫過ぎた。 …続きを読む
    眠る山猫屋
    2022年01月01日
    52人がナイス!しています
  • シリーズ第3弾は那々木悠志郎最初の事件。新たに担当になった編集者の古都美が読み始めた那々木の未発表原稿。原稿で語られる怪異譚は『崩れ顔の女』。都市伝説風の怪異なのだが、何故か原稿を読んでいるだけの古都 シリーズ第3弾は那々木悠志郎最初の事件。新たに担当になった編集者の古都美が読み始めた那々木の未発表原稿。原稿で語られる怪異譚は『崩れ顔の女』。都市伝説風の怪異なのだが、何故か原稿を読んでいるだけの古都美の前にも崩れ顔の女が現れ⋯⋯。原稿の中の怪異が自分の身に迫る恐怖にゾワリとなる。過去2作の怪異に比べるとインパクトは少々劣るものの恐怖感は引けを取らない。本の大部分をこの作中作が占め、一度に2作読んだような満足感もある。那々木の秘密も明らかになり、今後のシリーズがさらに楽しみになった。 …続きを読む
    さっちゃん
    2022年01月05日
    49人がナイス!しています
  • 那々木が初めて体験した怪異譚「忌木の呪」。その原稿を読んだ古都美のまえに作中の<崩れ顔の女>が現れる!なぜ?と恐怖に。 那々木がジョジョのような口調と気取り屋で、こんなだったか?と違和感があったけど、 那々木が初めて体験した怪異譚「忌木の呪」。その原稿を読んだ古都美のまえに作中の<崩れ顔の女>が現れる!なぜ?と恐怖に。 那々木がジョジョのような口調と気取り屋で、こんなだったか?と違和感があったけど、そういうことか!!っと、ひねりがあっておもしろかった。ある意味〇〇さんの話だったね!! 3作のなかで今作が一番好き。 じゃあ次はいよいよ裏辺刑事の話かな? たのしみにしていますv …続きを読む
    さこぽん
    2022年01月16日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品