バベルの古書 猟奇犯罪プロファイル Book1《変身》

バベルの古書 猟奇犯罪プロファイル Book1《変身》

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041138656
label

バベルの古書 猟奇犯罪プロファイル Book1《変身》

  • 著者 阿泉 来堂
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041138656

第40回横溝正史ミステリ&ホラー大賞読者賞受賞作家の新境地!

札幌市近郊の町、荏原市で発生した女子大生殺人事件。遺体の首と両手は切断されて持ち去られ、現場にはフランツ・カフカの『変身』の一節が残されていた。その猟奇的な手口は5年前に発生した『グレゴール・キラー事件』に酷似しており、ほどなくして更なる被害者も現れる。グレゴール・キラーに相棒を殺された過去を持つ刑事、加地谷と新米刑事の浅羽は、事件の捜査を進めるうち、被害者の霊を目撃したという青年に遭遇する。最初は半信半疑な刑事たちだったが、青年の証言により新たな犠牲者が出たことを知り、逃走した犯人を追う。連続殺人鬼グレゴール・キラーは何故、現場に『変身』の一節を残すのか。被害者の共通点は何なのか。それらの謎を解き明かし、猟奇殺人犯へと迫る加地谷と浅羽が目にする事件の真相とは……。そして、謎の古書が導く物語は、さらなる事件とともに下巻へと続く。猟奇事件×スーパーナチュラルミステリー第一弾!



札幌市近郊の町、荏原市で発生した女子大生殺人事件。遺体の首と両手は切断されて持ち去られ、現場にはフランツ・カフカの『変身』の一節が残されていた。その猟奇的な手口は5年前に発生した『グレゴール・キラー事件』に酷似しており、ほどなくして更なる被害者も現れる。グレゴール・キラーに相棒を殺された過去を持つ刑事、加地谷と新米刑事の浅羽は、事件の捜査を進めるうち、被害者の霊を目撃したという青年に遭遇する。最初は半信半疑な刑事たちだったが、青年の証言により新たな犠牲者が出たことを知り、逃走した犯人を追う。連続殺人鬼グレゴール・キラーは何故、現場に『変身』の一節を残すのか。被害者の共通点は何なのか。それらの謎を解き明かし、猟奇殺人犯へと迫る加地谷と浅羽が目にする事件の真相とは……。そして、謎の古書が導く物語は、さらなる事件とともに下巻へと続く。猟奇事件×スーパーナチュラルミステリー第一弾!



※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

目次
プロローグ
第一章
第二章
第三章
第四章
第五章
第六章
エピローグ


同じシリーズの作品

「バベルの古書 猟奇犯罪プロファイル Book1《変身》」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 連続殺人鬼"グレゴリー・キラー"。彼はカフカの『変身』の一節を書いたメモを被害者の口の中に残す。5年ぶりにまた舞い戻った彼の犯行を止めるべく事件を追う刑事の加地谷と浅羽。加地谷は5年前に相棒をグレゴリー・ 連続殺人鬼"グレゴリー・キラー"。彼はカフカの『変身』の一節を書いたメモを被害者の口の中に残す。5年ぶりにまた舞い戻った彼の犯行を止めるべく事件を追う刑事の加地谷と浅羽。加地谷は5年前に相棒をグレゴリー・キラーに殺され復讐を誓っていた・・。しかし次々と起こる猟奇的な殺人。謎の古書や霊の視える青年、おどろおどろしい雰囲気と刑事たちの捜査、オカルトとミステリの絶妙なバランスが良く不気味な真相もオカルト好きとしてはとても楽しめた。タイトルの「バベルの古書」にはあまり触れられなかったが続編で説明があるのかな。 …続きを読む
    yukaring
    2023年11月26日
    74人がナイス!しています
  • 陰惨なプロローグ。ぶっきらぼうな加地谷刑事と軽薄でオカルト好きな浅羽刑事が猟奇的殺人事件を追う。カフカの『変身』になぞった〈グレゴール・キラー〉の手がかりを突き止めるが…。霊が視える訳あり青年、戸倉の 陰惨なプロローグ。ぶっきらぼうな加地谷刑事と軽薄でオカルト好きな浅羽刑事が猟奇的殺人事件を追う。カフカの『変身』になぞった〈グレゴール・キラー〉の手がかりを突き止めるが…。霊が視える訳あり青年、戸倉の視点も入り事件は意外な方向へと進んでいく。あれは、そういうことだったのか。引っかかりを残したエピローグ。グロいけどコミカルさと温かみもあるホラーミステリー。面白かったので続編も読みたい。 …続きを読む
    ままこ
    2024年02月29日
    66人がナイス!しています
  • 辛めの書評が多かったが、なかなか楽しめた。確かにテンプレなキャラクター造形も散見するが、裏を返せば読み易いということ。バーサーカーな加地谷刑事にペラい浅羽刑事、幽霊が見えちゃう戸倉くんあたり、解り易く 辛めの書評が多かったが、なかなか楽しめた。確かにテンプレなキャラクター造形も散見するが、裏を返せば読み易いということ。バーサーカーな加地谷刑事にペラい浅羽刑事、幽霊が見えちゃう戸倉くんあたり、解り易くて良い(笑)依子ちゃんが最良キャラだったが、正体は推察出来ちゃうよね、そこはちょっとマイナスだったかも。犯人や動機、各人の背負うもの、オリジナリティは薄いかもしれないが、読み手に向けたサービスかもしれないし。名前こそ出ないが那々木らしき人物へのコメントもあり、思わずニヤリ。 …続きを読む
    眠る山猫屋
    2023年11月29日
    64人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品