死なないセレンの昼と夜 ―世界の終わり、旅する吸血鬼―

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年10月08日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
296
ISBN:
9784049140439

死なないセレンの昼と夜 ―世界の終わり、旅する吸血鬼―

  • 著者 早見 慎司
  • イラスト 尾崎 ドミノ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年10月08日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
296
ISBN:
9784049140439

はるか遠い未来、人類の黄昏――ヒトの終わりに付き添う、吸血鬼の物語。

世界が滅びてから、もうずいぶんと経った。
だが、干上がり、荒れ果てた大地にへばりついて、どっこいヒトは生きている。
そしてまた、ヒトではないものも――
だからあなたも、もしかすると目にすることがあるかもしれない。
荒野にサイドカーで現れる、オールドファッションなコーヒー屋台と、それを引っ張る、お気楽に退屈な永遠を生きている「吸血鬼(ノスフェラトゥ)」を――。

「一杯やってく? 話くらいは聞くけどさ、面倒ごとはごめんだよ?」

それは不死の少女が黄昏の時代に語り継ぐ、ご機嫌でお気楽な、ヒトの終わりの物語。

メディアミックス情報

NEWS

「死なないセレンの昼と夜 ―世界の終わり、旅する吸血鬼―」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 干上がり荒れ果てた大地で人類がどうにか生きるはるか遠い未来。荒野にサイドカーで現れるオールドファッションなコーヒー屋台、気楽に退屈な永遠を生きる吸血鬼セレンと人々の出会いと別れの物語。ロックの爆音を響 干上がり荒れ果てた大地で人類がどうにか生きるはるか遠い未来。荒野にサイドカーで現れるオールドファッションなコーヒー屋台、気楽に退屈な永遠を生きる吸血鬼セレンと人々の出会いと別れの物語。ロックの爆音を響かせるガソリンの運び屋、水主父娘と牧場主の対立、とある小さな村での交流、かつての海で出会った家族、そして教会の修道女との出会い。永い時を生きてきたセレンに対する人々の様々な思いがあって、そんな人類に対する複雑な思いの積み重ねが感じられて、だからこそ彼女のあり方を是としてくれる人々の優しさがとても印象的でした。 …続きを読む
    よっち
    2021年10月08日
    41人がナイス!しています
  • 良かった。時は2400年代。雨が降らず海も干上がり川も殆ど涸れてしまった世界。文明は殆ど滅び人は細々と暮らしている。不死者・吸血鬼である旅人セレンは昼は黄昏のセレンとしてコーヒー屋を営んでいる、と始ま 良かった。時は2400年代。雨が降らず海も干上がり川も殆ど涸れてしまった世界。文明は殆ど滅び人は細々と暮らしている。不死者・吸血鬼である旅人セレンは昼は黄昏のセレンとしてコーヒー屋を営んでいる、と始まるロードムービー的な短編5つ。真のセレンの姿は宵闇のセレン、これがまた強い。今のところピンチも無く無双。まぁ人間程度では相手にならない。ただ吸血鬼というと悪いイメージだが、セレンはとっても良い奴だった。旅する先で人の優しさと儚さ、愚かさに触れながらヒトというものを感じ取っていく。~続く~ …続きを読む
    なっぱaaua
    2021年11月03日
    34人がナイス!しています
  • 昼と夜で別の姿を持つ吸血鬼セレン。水がもうほとんど残っておらず、荒廃した世界で彼女は日々コーヒー屋を営みながら、旅をします。出会いと別れを綴った1話完結型のロードムービー風な物語です。基本的には傍観者 昼と夜で別の姿を持つ吸血鬼セレン。水がもうほとんど残っておらず、荒廃した世界で彼女は日々コーヒー屋を営みながら、旅をします。出会いと別れを綴った1話完結型のロードムービー風な物語です。基本的には傍観者の彼女ですが、気侭に人助けをしたりします。心が温まるような少し陽気な人とのエピソードだったりと、権力に溺れる人間の本性など後味が悪いエピソードもあり、良いバランスがあったと思います。昼のセレンと夜のセレンが少し性格が違う故に一編の中でも趣が変わって面白かったです。本当に好きな雰囲気の作品でした。 …続きを読む
    ひぬ
    2021年11月12日
    24人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品