あしたも、友だち となりのウチナーンチュ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041041307

あしたも、友だち となりのウチナーンチュ

  • 著者 早見 慎司
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041041307

友だちなんて、いらないって思ってた。あなたに出会うまでは――

ウチナーンチュ(沖縄人)の彩華はしっかり者の15歳。小説家の父とおんぼろアパートで二人暮らしだ。ある日、隣室に同じ歳の夏海が東京から引っ越してきた。物静かな彼女は、心に深い傷を抱えていた……しゃべる青蛙神、猛烈な台風、そして飲んだくれの大人たち。大らかな自然とちょっぴり不思議な事件を通して、正反対の二人は次第に気持ちを通わせていく。少女たちの絆と成長をのびやかに描く温かな物語。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「あしたも、友だち となりのウチナーンチュ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 以前、沖縄に惹かれていろいろ本を読んでいた時期がありました。沖縄では「味噌汁」というとごはんも付いて来るとか、「ちゃんぽん」は長崎ちゃんぽんとは別物だとか、ユタとかノロとか。結局、国際通りにも大きなゴ 以前、沖縄に惹かれていろいろ本を読んでいた時期がありました。沖縄では「味噌汁」というとごはんも付いて来るとか、「ちゃんぽん」は長崎ちゃんぽんとは別物だとか、ユタとかノロとか。結局、国際通りにも大きなゴキさんが闊歩しているというのを読んで、実際に行くのは断念したのですが、久しぶりにあの沖縄熱を思い出すお話でした。高校に行っていない女の子が二人。根っからの沖縄の“ウチナーンチュ”の彩華と、東京で人間関係に疲れて、父親と沖縄にやってきた夏海。そして二人にしか聞こえない声で話すカエルの置物・青蛙神のポチ。 …続きを読む
    ネムコ
    2016年06月27日
    26人がナイス!しています
  • 積本より。なんか夏休み感のあるものを読みたかったので、少女たちが主人公のこの本にしました。家族の問題で東京から沖縄に引っ越してきた女の子とその父。そしてアパートの隣になったうちなーんちゅの女の子とその 積本より。なんか夏休み感のあるものを読みたかったので、少女たちが主人公のこの本にしました。家族の問題で東京から沖縄に引っ越してきた女の子とその父。そしてアパートの隣になったうちなーんちゅの女の子とその父。ふたつの家族と女の子たちの話ですが、とにかく沖縄初心者むけの話でした。うちなーんちゅからすると、いちいち入る説明が面倒くさいのですが…仕方ないですね。沖縄好きな初心者におすすめしたいです。 …続きを読む
    アロハ
    2017年08月22日
    8人がナイス!しています
  • 沖縄で生まれ育った彩華は、貧乏な父子家庭だから高校に行かずに家事をしている。アパートの隣室に父親とふたりで東京から引っ越してきた夏海は、友人関係が苦手で高校に進学しなかった。沖縄と聞くと大らかでのんび 沖縄で生まれ育った彩華は、貧乏な父子家庭だから高校に行かずに家事をしている。アパートの隣室に父親とふたりで東京から引っ越してきた夏海は、友人関係が苦手で高校に進学しなかった。沖縄と聞くと大らかでのんびりした暮らしをイメージするけれど、内地から毎年2万6千人ほどが越してきて2万4千人ほどが戻っていくという現実に、厳しい現実が垣間見える。似た境遇の彩華と夏海は意気投合して、お互いに体感する異文化交流がおもしろい。青蛙神の置物の声が聞こえるファンタジーな雰囲気がかわいらしい物語だった。 (★★★☆☆) …続きを読む
    yamakujira
    2018年07月23日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品