かりゆしの島のお迎えごはん ~神様のおもてなし、いかがですか?~

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784049124798

かりゆしの島のお迎えごはん ~神様のおもてなし、いかがですか?~

  • 著者 早見 慎司
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784049124798

不安も悩みもほろりと崩れる、のんびりおいしい日々をどうぞ。

 沖縄の南西外れにある小さな島、嘉例吉島にひっそりと佇む民宿「カリー!」。
 どこか変わった雰囲気を醸し出すそのお宿では、宿を預かる不思議な女主人・金魚さんが、愛情を込めた美味しい沖縄郷土料理のおもてなしでお客様の心も身体も優しく解きほぐしていく――。
 人情薫る沖縄料理とやさしい気持ちが、人とあやかしの縁を結ぶ――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「かりゆしの島のお迎えごはん ~神様のおもてなし、いかがですか?~」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 始めから終わりまで何も動かない小説で、そこが退屈と感じる読者はいるかもしれない。沖縄の島のスローライフに神様が自然な感じで寄り添ってくる。文化圏がまったく違うその意味までは言及されていないが、少し歴史 始めから終わりまで何も動かない小説で、そこが退屈と感じる読者はいるかもしれない。沖縄の島のスローライフに神様が自然な感じで寄り添ってくる。文化圏がまったく違うその意味までは言及されていないが、少し歴史について思いを馳せた。 …続きを読む
    佐島楓
    2019年08月27日
    59人がナイス!しています
  • 沖縄の南西はずれにある嘉例吉島。そこの民宿『カリー!』女主人金魚さんは神様?! 近くの島からゴムボートで漂流してしまった小説家。仕事で挫折して『旅に出よう!』と逃げてしまった彼は、金魚さんに助けられ 沖縄の南西はずれにある嘉例吉島。そこの民宿『カリー!』女主人金魚さんは神様?! 近くの島からゴムボートで漂流してしまった小説家。仕事で挫折して『旅に出よう!』と逃げてしまった彼は、金魚さんに助けられ 民宿に滞在する事に。マリンリッターを拾い、美味しい沖縄料理を食べて。やってくるお客様が神様だったり。なんだか、空気感が沖縄?!なユッタリした感じを味わいました。 …続きを読む
    本夜見
    2020年03月17日
    26人がナイス!しています
  • 縄の南西外れにある小さな嘉例吉島。のんびりとした空気の流れる民宿「カリー!」には、事情を秘めたお客様が流れ着く。不思議な女主人の作る「お迎えごはん」が、人とあやかしとの縁を結び、優しく包み込む。 「序 縄の南西外れにある小さな嘉例吉島。のんびりとした空気の流れる民宿「カリー!」には、事情を秘めたお客様が流れ着く。不思議な女主人の作る「お迎えごはん」が、人とあやかしとの縁を結び、優しく包み込む。 「序章」「まれびとに贈るゆし豆腐」「旅するタコライス」「約束のヒラヤーチー」「おもてなしはゴーヤーチャンプルー」沖縄色は食事のみで薄め。 …続きを読む
    horihori
    2019年09月29日
    25人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品